FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
9月か・・・。
夏が終る・・・。私の好きな夏が。

そして何よりも嫌な、寒い冬が来る・・・・。

何のために生き残って来たのか、
もうわからなくなっている自分がいる。

出口のないトンネルを右往左往してるみたいだ。

近所の人に出会うと
「いつも元気そうだね」と言われる。
私は笑顔で
「お陰さまで」と返す。

元気?元気なんかじゃない元気なんかじゃない元気なんかじゃない

と、心の中で叫びながら。

部屋の中で一人、のたうちまわる。

リスカだのODだの、そんなことをやって
人の気を引いても意味はない と解る、

もうそんなに若くはない歳になってしまった。

自分で自分の首を絞めているだけだと言うことも解る、

もうそんな歳に。

若いから、で許されたあの頃が懐かしいと
つい思ってしまう。

リスカがやめられない人、ODがやめられない人
そう言う若い人は沢山いるのでしょう。

リスカをやっているときは、
身体を傷つけることで、そっちに神経が集中するから、
束の間だけど、心が安定するんだよね。

けど、カミソリの跡は、一生消えないよ。
何十錠もいっぺんに飲んでると
肝臓、そのうちやられるよ。
肝臓は「もの言わぬ臓器」だから症状はなくてもね。

リスカ なんて言葉すらなかった当時だったけど
私もバカなことをしたもんだ、と
自分の左腕に、呆れる。

そんなときは空を見る。
東京の汚れた空でも、雲の流れに
刻一刻、表情を変える空は、

まだ私の上にもあったのね・・・と、
そんなことでも、
少しホッとしたりする。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2011/09/02 05:51】 | いのちの桜
トラックバック(0) |


カプチ
私も空が大好きです。
晴れていても曇っていても
好きです。
なかでもしばらく続いた雨の後雲間から陽の光が差し込むとき
本当にきれいだなとうっとりしてしまいます。
「自然に学べ」
などと仰々しく言う必要はないでしょう。
頭上には常に大自然が広がっているのだから。


Re: カプチさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

空は良い ですね、本当に。
どんなに曇っていても、そこを突き抜けるといつも上空は真っ青。
たま~に飛行機に乗ると、私はまるで子供みたいに窓際にかじりついて
一人で、コーフンしています。
予約するときは「尾翼を避けて窓際」と必ず言います。

雨の後、雲の間から見える青い空も、
夕陽が沈む頃の、暗くなりかけたときの空も、みんな好きです。

つい、うつむいて歩くクセがついてしまっているけど
ふと見上げると、

空だけは万人の上にあるんだなあ・・・と思えます。

一人だと思っていても、
みんな同じ空の下にいるんだなあ・・・と。

自然は、何も言わないけれど
そこに在るだけで
私たちにいろんなことを教えてくれますね。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私も空が大好きです。
晴れていても曇っていても
好きです。
なかでもしばらく続いた雨の後雲間から陽の光が差し込むとき
本当にきれいだなとうっとりしてしまいます。
「自然に学べ」
などと仰々しく言う必要はないでしょう。
頭上には常に大自然が広がっているのだから。
2011/09/02(Fri) 15:28 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、ありがとう。

空は良い ですね、本当に。
どんなに曇っていても、そこを突き抜けるといつも上空は真っ青。
たま~に飛行機に乗ると、私はまるで子供みたいに窓際にかじりついて
一人で、コーフンしています。
予約するときは「尾翼を避けて窓際」と必ず言います。

雨の後、雲の間から見える青い空も、
夕陽が沈む頃の、暗くなりかけたときの空も、みんな好きです。

つい、うつむいて歩くクセがついてしまっているけど
ふと見上げると、

空だけは万人の上にあるんだなあ・・・と思えます。

一人だと思っていても、
みんな同じ空の下にいるんだなあ・・・と。

自然は、何も言わないけれど
そこに在るだけで
私たちにいろんなことを教えてくれますね。


2011/09/02(Fri) 17:29 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック