FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
目覚めたら

外が 明るくなっていた

眠れたんだ・・・・・・

外が 明るくなるまで

眠れたなんて

何週間いや 何ヶ月ぶりだろう




体が とろけるような快感に

一日 酔いしれた





こんな当たり前の  欲求さえ

ろくに満たされず

不眠の頭で 仕事して

夢も希望も 

何も持たずに 生きている






夢なんて

希望なんて

持った途端に

叶わぬ現実を 突き付けられるから

持ちたくないんだよ






獣でも 眠りを取る

私には 眠りすらない

たまの眠りに 喜んで

うっとりしている 哀しい人間






夢や希望は 持てないよ

木の葉が 夜風に揺れていた

今夜からまた

不眠の拷問が 始まることを

予期するように

静かに でも激しく

木の葉が 夜風に揺れていた









ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/08/08 02:30】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック