FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
今一度

死を 見つめてみる

生を 見つめてみる

自分で作った苦しみを

見つめてみる

亡き母との 関係を

見つめてみる




私の 意識は

もう母と離れたい

彼女とは 違う自分を生きたい

そう思ってる




しかし 私の無意識は

まだ母親と一緒にいたいと叫ぶ


その矛盾が 

何より私を 苦しめている





だけど 無意識だけは

意識では どうにもならない






せめて

その矛盾した苦しみと

向き合うこと






無意識の 叫びを

無視することは 出来ない




今日も私は

苦しみながら

無意識の 叫びに

耳を 傾ける








ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/07/26 01:27】 | 深層心理
トラックバック(0) |


みゅー
無意識を意識化すると、抑圧構造が変化して、神経症は治る。
フロイトの神経症治癒論ですが、これが正しければ、意識化しているのに治らないのだから、その原因は原因ではなく、的外れと思われます。
親に原因を求める姿勢は、過去は変えられないので救いはありませんが、宜しいのでしょうか?
多分、すべては真実から目を背け、親のせいにして自らの選択の結果に目をつぶるための物語だと思います。
親に虐待されても、人生を自分の責任で生きてる人間はいっぱいいます。
わたしもそうです。

Re: みゆーさん
ナレイ
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

何か誤解なさってらっしゃるようなのでお答えさせて頂きます。
私は、「親のせい」にしている訳ではありません。
母が悪い のではなく、
「母との関係」をいつまで経っても、周囲の人間関係で繰り返している。
それをこそ問題にしています。
現実の問題です。

よってそれは
>真実から目を背け、親のせいにして自らの選択の結果に目をつぶるための物語
にはなりません。

母との関係を現実でも繰り返し、自分で自分の首を絞めて苦しんでいる
それが私の、真実です。

フロイトの概念「無意識の意識化」では神経症は改善しない
ということは、もうずいぶん前から学者たちの間で語られてきていることです。

Re: 追伸
ナレイ
親のせいにする ことと
過去の親子関係をしっかりと見て行く こととは全然違います。

フロイトの概念が古いからと言って
決して的外れにはなっていません。

後の継承者たちのよって、現代に合うように変えられていますから

私も
母との問題を抱えながら、自分の責任で自分の人生を生きています。


カプチ
こんにちは。

最近病気(うつ)が治ったと言う人に
会ったのですが
病気は治ったかもしれませんが
決して楽に生きている感じはしませんでした。
ナレイさんの場合もまずは病気を治すのに
精一杯でしょうが
治ったあかつきには
同時に楽も手に入れてもらいたいと思っています。
とにかく応援しています。

Re: カプチさん
ナレイ
コメント、おおきに。

私は最初から「病気を治す」ことを目的にしてません。
若き頃、一時期は治そうと思ったこともあったけど、
自分の病理がわかってからは、もう自分の病気が治ることはない
とわかりました。

ただ、病気は治らなくても、
楽になることは出来る、
精神療法も何もかも「楽になるため」に通ってるんです。


昔から、私の目指すところは
病気の感知ではなく、楽になること ですよ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無意識を意識化すると、抑圧構造が変化して、神経症は治る。
フロイトの神経症治癒論ですが、これが正しければ、意識化しているのに治らないのだから、その原因は原因ではなく、的外れと思われます。
親に原因を求める姿勢は、過去は変えられないので救いはありませんが、宜しいのでしょうか?
多分、すべては真実から目を背け、親のせいにして自らの選択の結果に目をつぶるための物語だと思います。
親に虐待されても、人生を自分の責任で生きてる人間はいっぱいいます。
わたしもそうです。
2014/07/26(Sat) 10:27 | URL  | みゅー #N4sINcV.[ 編集]
Re: みゆーさん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

何か誤解なさってらっしゃるようなのでお答えさせて頂きます。
私は、「親のせい」にしている訳ではありません。
母が悪い のではなく、
「母との関係」をいつまで経っても、周囲の人間関係で繰り返している。
それをこそ問題にしています。
現実の問題です。

よってそれは
>真実から目を背け、親のせいにして自らの選択の結果に目をつぶるための物語
にはなりません。

母との関係を現実でも繰り返し、自分で自分の首を絞めて苦しんでいる
それが私の、真実です。

フロイトの概念「無意識の意識化」では神経症は改善しない
ということは、もうずいぶん前から学者たちの間で語られてきていることです。
2014/07/26(Sat) 13:58 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
親のせいにする ことと
過去の親子関係をしっかりと見て行く こととは全然違います。

フロイトの概念が古いからと言って
決して的外れにはなっていません。

後の継承者たちのよって、現代に合うように変えられていますから

私も
母との問題を抱えながら、自分の責任で自分の人生を生きています。
2014/07/26(Sat) 14:11 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
こんにちは。

最近病気(うつ)が治ったと言う人に
会ったのですが
病気は治ったかもしれませんが
決して楽に生きている感じはしませんでした。
ナレイさんの場合もまずは病気を治すのに
精一杯でしょうが
治ったあかつきには
同時に楽も手に入れてもらいたいと思っています。
とにかく応援しています。
2014/07/26(Sat) 15:49 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、おおきに。

私は最初から「病気を治す」ことを目的にしてません。
若き頃、一時期は治そうと思ったこともあったけど、
自分の病理がわかってからは、もう自分の病気が治ることはない
とわかりました。

ただ、病気は治らなくても、
楽になることは出来る、
精神療法も何もかも「楽になるため」に通ってるんです。


昔から、私の目指すところは
病気の感知ではなく、楽になること ですよ。
2014/07/26(Sat) 17:32 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック