FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もうすぐ 夜明け

街燈の明かりで

雨に濡れた 路面が

照らし出されてる

夜明け前の 仄暗い青が

私の心も 照らしてる

まだ 人っ子一人いない





幾度 この景色を見たことだろう

町中が 眠ってる

夢を 見ている





なのに 私は 

既に

鮮明な 意識の中にいる

夢を見られる時間は

僅かしかない




この

全世界から

しめ出しを食ったような

孤立感




小鳥が

さえずり始めた

仄暗かった 青が

いつの間にか 

明るい青になって

街燈が 消えた

夜明けだ





煙草の煙を くゆらせながら

毎回 こうして

孤立に 堪える





町が 

起きてくれるまでの

長い長い 時間を






ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/07/01 05:07】 | 不眠地獄
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック