FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
辺りが 薄墨色に

染まる頃

私の頭は 霞がかかり

体は 鉛を背負ったように

重たい





こんな日は

腫瘍が 体を

蝕むように

闇が

私の心を 蝕む






怒りや不信

疑念や欲望を

抑えきれず

周囲に 

撒き散らしてしまいそうで

慌てて それらを

掻き集め

きつく縛って 心に戻す




闇に 心を

蝕まれると

優しい気持ちも

穏やかさも 愛しさも

どこか遠くへ

吹っ飛んでしまう




闇に 蝕まれた心に

コーヒーを 流し込み

タバコの煙を 流し込み

何とか

人間でいようとする 私




人間でいなくては

人間でいなくては

鬼畜に なりそうな

夜は

そう 言い聞かせて

必死で人間に とどまる




闇が 心を蝕む 

夜は

鬼畜に なりそうな

夜は

右足の 親指がつる痛みで

まだ人間にとどまっている と

安堵する





ぽちで救われる私がいる 応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/06/21 04:36】 | 感情の発露
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック