FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
セラピスト・ハッチのイヌネコ観というか、
けもの観みたいなものを聞いていると
考えさせられる。とても。

私は最近、ハッチにちち子の話ばかりしている。
その流れで
「犬を飼う、猫を飼うというのはそれ自体が人間のエゴだ、
みたいな考えがあって、私も同感なんだけどさ・・」
と言ったら

「オレ抵抗あるんだよなあ・・・そういう、
人間が支配しててどうの・・って考え方」
と話し始めた。

「エゴって言うなら、あいつらのほうがよっぽどエゴだよ。
(ハッチの実家は猫を沢山飼っている・野良飼いらしい)
オレ、入っていいよ・なんてひと言も言ってないんだけど
づかづか家ん中入って来てさ
子猫までくわえてきて、どうです?みたいに見せちゃって。
オレがタバコ買いに行こうとして信号渡ろうとすると
ふにゃふにゃ言って甘噛みするんだよ。
そこ渡っちゃダメ!みたいにさ。
オレ、君たちの集団に入れてくれる?・なんてひと言も言ってないんだけど
なんかオレ、あいつらの集団の一員にされてるんだよなー」

それをあくまで猫に愛情があって言っているから良い。

私は「オレ入っていいよ・なんてひと言も言ってないんだけど」に
ウケちゃって
「かわいい~~~ほんと!エゴなやつらだね」と笑って言った。

ハッチは、全く猫たちと対等になっている。
これがまさに 共存 じゃないかなあと思った。

その中で
「ナレイさんだって何も選んでないでしょ?
お話伺ってる限り
最初から最後まで、ちち子ちゃんにやられっ放しだよね?
言い方が悪いなら、落とされっ放しだよね」

そう言われて考えてみるとそう。
ちち子は、元々ー時預かりの子猫だった。
でも貰い手がつかず、結局うちの子に。

ハッチの話を聞いて
「犬や猫を飼うこと自体人間のエゴ」という考えは
少し改めようと思った。

みんな 馬 と言うと
あのサラブレッドを思い浮かべるかも知れない。
イヌネコと言うと
飼い慣らされた、可愛いイヌネコを思い浮かべるだろう。

だけど本来馬は、人を乗せるとジャングルの中
木の枝をなぎ倒して人を振り落して走ると言う。
犬や猫だって、人を知らない野犬や野猫は
ちょっとでも手を出せば、猛然と襲い掛かって来るだろう。

現に、野良猫として生きてたミュウは
私が捕獲しようとして慣れてるかな?と抱いて油断した途端
暴れ出し、マンション中血だらけ、私の右手はクリームパンみたいに
パンパンに腫れた。

でも、
「あいつらとのつきあい というのは
そういう所から始まるものでしょう?」とハッチは言う。

血だらけになって、痛い思いをして
向こうも警戒して噛み付いて蹴飛ばしているうち
少しずつ、少しずつ歩み寄れるものなんだと思う。

本当の獣の生活は、人間なんかに支配出来るものではないよ。

きっとハッチはそういうことを言いたかったのだと思うし、

私も、噛まれる、引っ掻かれるなんて日常茶飯の時代を経験して来て
何となく、ハッチの言いたいことがわかった気がする。

人間がエゴなら、獣もエゴだよ。
獣のエゴは、本能だけどね。





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2014/06/18 03:56】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


Jo's
だよね、僕はその獣性に向き合いたくないから、動物は飼えない。
だって、やつらはエゴで恐ろしい存在だからね。

獣性を失ったはずの家畜でさえも、突如その獣性を露わにするシーンをたくさん見ているからね。

Re: ジョーさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

私はその 獣性 と向き合いたいんだなあ・・きっと。

もう5歳のときからのつきあいだからね、
ノラを拾って来て噛まれたりなんかの菌が感染して、目が腫れてしまったりして
母は心配で仕方なかったとよく言ってたけど、

私には「恐ろしい」という感覚があまりないのよ。
獣性を露わにされてもね。

やつらがいない生活、今の方が、私にはよほど不自然に思える。

Re: 追伸
ナレイ
>獣性を失ったはずの家畜でさえも、
>突如その獣性を露わにするシーンをたくさん見ているからね。

うちの犬たちもそうだったなあ。

中型犬3頭で、本気のケンカが始まると、
一頭の負け犬が死ぬまで止まらないのがわかるからね、
引き離すのに物凄い力が要るの。

でも止めないと、死んじゃうから。

そういうときは、「ああ・・・野性がちゃんと残ってるんだなあ」とよく思ったよ。
でも、どーしても「恐ろしい」とは思えなかったな、私には。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
だよね、僕はその獣性に向き合いたくないから、動物は飼えない。
だって、やつらはエゴで恐ろしい存在だからね。

獣性を失ったはずの家畜でさえも、突如その獣性を露わにするシーンをたくさん見ているからね。
2014/06/18(Wed) 06:54 | URL  | Jo's #-[ 編集]
Re: ジョーさん
コメント、ありがとう。

私はその 獣性 と向き合いたいんだなあ・・きっと。

もう5歳のときからのつきあいだからね、
ノラを拾って来て噛まれたりなんかの菌が感染して、目が腫れてしまったりして
母は心配で仕方なかったとよく言ってたけど、

私には「恐ろしい」という感覚があまりないのよ。
獣性を露わにされてもね。

やつらがいない生活、今の方が、私にはよほど不自然に思える。
2014/06/18(Wed) 07:07 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: 追伸
>獣性を失ったはずの家畜でさえも、
>突如その獣性を露わにするシーンをたくさん見ているからね。

うちの犬たちもそうだったなあ。

中型犬3頭で、本気のケンカが始まると、
一頭の負け犬が死ぬまで止まらないのがわかるからね、
引き離すのに物凄い力が要るの。

でも止めないと、死んじゃうから。

そういうときは、「ああ・・・野性がちゃんと残ってるんだなあ」とよく思ったよ。
でも、どーしても「恐ろしい」とは思えなかったな、私には。
2014/06/18(Wed) 13:41 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック