FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
あの子を 失って

悲しんで  

悲しんで

泣いて

ようやく 少しだけ

悲しみの先へ 進んだ




あの子が いなくなった代わりに

あの子の 

愛おしさの全部に 満ちた景色が 

私の目には 見える





空の青は一層 青く

木々の緑は一層 緑に

雨粒は一層 輝いて

花は一層 色鮮やかに見える

初夏の景色だ

心は とても静かで

穏やかだ





悲しんだ分だけ 前に進める

ネガティブのままでも

ポジティブじゃなくても

前に進めるのよ




悲しみを 大事にしてあげたから

その先へ 進めたのよ




無理して

悲しみを ないものにしてしまったら

一見 元気になっても

封じ込めた 悲しみは

どこかで 悲鳴をあげるはず




ネガティブは 

ネガティブのまま 終わる訳じゃないの

だから

ネガティブのままで良い

そう言ってるの




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/06/10 06:23】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック