FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
梅雨の日に

雨が 激しく降りしきる

まるで やむことを忘れたように

雨が 激しく降りしきる




雨に濡れた 紫陽花やツツジは

晴れの日より

生き生きと 見えて

霞がかかった 街は

まるで 一枚の絵のようだ





雨が 激しく降りしきる




空からの シャワーが

街の汚れを 洗い流す

不信や疑いに 曇った

私の心を 洗い流す






レインブーツを履いて

大喜びで

水たまりに 入って行った

幼い頃の私が

霞のかかった 一枚の絵に 

納まって 見えた




真っ赤な レインブーツ

仄暗い 霞

雨粒の 行方

紫陽花の 気持ち



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/06/08 04:15】 | 雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック