FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
治療を続けていると、ときにセラピストの言葉が痛いこともある。
毎回楽しい訳では決してない。

私に与えられた時間は50分。
その中では、ときに痛いなあ・・・腹立つ・・!と思ったまま
タイムアップとなるときもある。

何しろ、日頃誰にも言わない、自分の心の奥底の問題を話しているのだから、
ここでタイムアップか・・・!と思うと
良い気分のときは良いが、
嫌な気分のままのときは、切り替えるのに苦労するものだ。

受付の人相手に怒鳴っても仕方ないし。(笑

それでも、やはり治療は、自分の問題と向き合う唯一の場。

ここで、セラピストを信頼出来るかどうか なんだろうなあ・・・といつも思う。
信頼出来ていないと、このまま来なくなったり、
他のセラピストを求めてどこかへ・・・
と言うことになったりしてしまうのだろうなあ・・
と、思う。

しかし、自力で自分と合うセラピストを探すのはそう容易なことではない。

上智大学臨床心理研究室に自力で辿り着き、そこからは紹介で
北山研究所ーそして今現在に至る。
学派は違えど、良いセラピストたちに支えられて来たものだ。

どんなに腹が立っても、次回の予約をしっかりと入れている私は
彼を、信頼しているのだろう、きっと。

このムカつきは、次回ぜってえ言ってやる!ヤツに!とか思ってる私は、
もう、彼との間に何をぶちまけても平気だと言う
安心感や、信頼関係が築き上げられているのだろう。

まだムカついてるけどねー(笑
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2011/08/23 07:52】 | 神経症
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック