FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
いつも

暗い 淵を

さまよう 私の目には

微かな 光も

鮮明に 映る




いつも

静寂の中に いる私は

排気口から 漏れて来る

微かな 歌声も

聞き取ることが出来る






いつも

ヤニの匂いの中にいる

私には

外に出ると

春の 香りを

全身で 

感じることが出来る





いつも

冷たい 床の上にうずくまってる私は

風の 柔らかさを

この手に 感じることが出来る





いつも

暗い 淵を

さまよう 私だから

この世界が

温かく 優しいことを 

知っている

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/05/09 05:46】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック