FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
太陽が 昇ると同時に

不安が たちまち顔を出す

時間は 私を置き去りに

すずしい顔で 駆け抜ける

冬は 私をからかいながら

凍ったままで 横たわる

ただ夜の色に 憧れて

もぐらと一緒に 待ちわびる

時間の外で 待ちわびる




(1985年 作)







ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/04/26 00:08】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック