FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ちち子

お前が 行ってしまったのは

去年の 7月だったね

苦しかったね

よく 頑張ったね





私は 未だに

うろうろと

お前の 影を追って

お前を 探し求めているよ

たかが 猫一匹

それでも私にとって お前は

誰よりも愛する 娘 






お前の 魂が

体から 抜けて行くとき

この子は 本物の天使になった・・・

そう思ったよ

「そのとき」を

両の 手の中で 

私は 感じた








天使には 会えない

それでも 私は

まだ暫くは

お前の姿を 追うだろう

もしも お前に会えるなら

「私の娘になってくれてありがとう」

そう言いたくて





お前を 追い続けるだろう

白黒の ツバメみたいな

愛らしい お前の

姿を





季節は 春だよ

お前が いっぱい咲いてるよ

ピンクの花が

おすましちち子


22041386.jpg






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/04/11 06:28】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック