FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
これが、猫の最期の姿です。

うちの猫ではありませんが、
ちち子の最期によく似ています。

見る度に、涙が止まりません。
嗚咽します。

元気だった頃の面影は
このMARCOちゃんにはもう、ありません。

でも私には、この姿が
愛おしくて、たまらないのです。
その子が生きて来た、生き様のようなものを感じるから。

うちの犬たちも、猫たちも
苦しみ抜いて亡くなった子も
眠るように亡くなった子も
皆、最期はこうなって、旅立って行きました。

「子犬かわいいー!」「子猫かわいいー!」
と思っている皆さん、確かに子犬も子猫も可愛いです。
私たち飼い主に、喜びや癒しを与えてくれるのも事実です。

でも、もし飼うつもりなら
ここまでのことを、きちんと想定しておいて下さい。
こんな姿、とても見られない・・・・と思うなら
犬や猫を飼うのは、やめて下さい。

犬や猫を飼う と言うのは、こういうことです。


改めて 貴重な映像をアップして下さった
MARCOちゃんとそのご家族に
感謝しています。

MARCOちゃんが苦しむことは、もうありません。

リビングの真ん中で、ご家族みんなに看取ってもらえたMARCOちゃんは、
ご家族の愛情を、一心に感じて、旅立って行けたと思います。


愛猫MARCO(23歳)最期のとき



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2014/04/08 02:44】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


カプチ
おはようございます。
自分がかわいがっている猫や犬の死を想像する。
自分の身近な人の死を想像する。
そして、自分自身の死を想像する。
これは大事なことだと思います。
見たくないから、見ない。
考えたくないから、考えない。
それだと結局自分の都合のよい見方だけで
生きることになると思うからです。
そしてそういう生き方は
どこかで違った形の苦しみを生みだすことになると思います。
当の本人は気付かなくても。
私などがえらそうにいうのもなんだけど…。

Re: カプチさん
ナレイ
コメント、おおきに。

全く同感です。

さんざん言ってることだけど、
あの映像に至るまでには、
うちの猫たちは苦しみ悶えました。

その姿を見るのは、もう「辛い」
という表現では言い表せないくらい、壮絶なものでした。
でも、その姿をきちんと見て、送ってやることが
この子たちへの責任なんだ・
それがイヌネコを買うことなんだ・・とあの頃痛感しました。

見たくなくても、見る
考えたくなくても、考えておく

普段は先のことなんか考えなくても良いけど

イヌネコに関してだけは、
ちゃんと考えておく必要があると思います。

あの子たちは、「自立しない子供」なのですから。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
自分がかわいがっている猫や犬の死を想像する。
自分の身近な人の死を想像する。
そして、自分自身の死を想像する。
これは大事なことだと思います。
見たくないから、見ない。
考えたくないから、考えない。
それだと結局自分の都合のよい見方だけで
生きることになると思うからです。
そしてそういう生き方は
どこかで違った形の苦しみを生みだすことになると思います。
当の本人は気付かなくても。
私などがえらそうにいうのもなんだけど…。
2014/04/08(Tue) 09:12 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、おおきに。

全く同感です。

さんざん言ってることだけど、
あの映像に至るまでには、
うちの猫たちは苦しみ悶えました。

その姿を見るのは、もう「辛い」
という表現では言い表せないくらい、壮絶なものでした。
でも、その姿をきちんと見て、送ってやることが
この子たちへの責任なんだ・
それがイヌネコを買うことなんだ・・とあの頃痛感しました。

見たくなくても、見る
考えたくなくても、考えておく

普段は先のことなんか考えなくても良いけど

イヌネコに関してだけは、
ちゃんと考えておく必要があると思います。

あの子たちは、「自立しない子供」なのですから。
2014/04/08(Tue) 09:36 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック