FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
思い出が 重なる時を

あなたと共に 語ったね

私は きらきら

あの頃を 語り

あなたも 懐かしそうに

目を細めた





だけど 残酷にも

私とあなたの 

大事なひとときを 道連れにして

時計の針は 凄まじい速さで

時を 刻んだ 







思い出が すれ違う

語り合うことは 出来ないね







あなたにとっては 

物置の隅にある 小さな感傷

私にとっては 

両手の中で

今も輝く 真珠の思い






あなたは今を 生きている

私は過去を 生きている






時の流れに 逆らって

あなたの物置から 私を出して

積もった埃を 綺麗に拭いて

もう一度 

私を 見て












ぽちぽち散歩にでも行こう~

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/03/16 06:24】 | 感情の発露
トラックバック(0) |


桜為
初めてお邪魔させていただきました。
心に残りました…!
また来ますm(_ _)m

Re: 桜為さん
ナレイ
はじめまして
コメント、ありがとうございます。

ちょっとこの詩は、いつものとは違うんんですが
光栄です。

いつもはもっと暗い詩が多いですが
良かったらまたいらして下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めてお邪魔させていただきました。
心に残りました…!
また来ますm(_ _)m
2014/03/16(Sun) 23:05 | URL  | 桜為 #-[ 編集]
Re: 桜為さん
はじめまして
コメント、ありがとうございます。

ちょっとこの詩は、いつものとは違うんんですが
光栄です。

いつもはもっと暗い詩が多いですが
良かったらまたいらして下さい。
2014/03/17(Mon) 06:17 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック