FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もうすぐお盆の入りだから、と
お花とお供物を昨日のうちに買った。
不信心者の私がこんなことをするのは、何年ぶりだろう。

何でかな・・・

震災後、初めての夏でもあるし
何か、お母さんやおばあちゃんや友達、患者さん
この若さにして多過ぎ・・・!なくらいの、亡くなった人たちが
思い出されてならなくて。

絶たれたいのちを前にしたとき
遺された者たちは

泣き叫び
悲しみ
苦しみ
怒り
悔い
狂う。

なぜ?!と。

やがては

その悲しみを

断ち切ったり
忘れ去ったり
心の奥底に封じ込めようとしたり

悲しい努力を続けながら
それでも生きる。

失った人を思い続けながら。

何年経っても癒えない傷を負いながら。

それでもやがては
新しい人間関係の中で
知らぬ間に、

その傷を癒していたりする。

失った大切な人の死を 引き受けて
その人のいない現実を 生きる。


それって、静かだけど
もの凄い勇気だよな・・・・と思う。

目の前に立ちはだかって沢山の人を救うことだけが「勇気」じゃない。

静かな勇気の中で
生きている人たちを思う。

見習えよ、私・・・・。
3.11後・夏
そして今日は、日本航空機墜落事故の日。
今から26年前くらいになるのだろうか・・・。
もうそんなに経ったのね・・・・・

日本の国内線が墜落?!と我が耳を疑ったのを覚えている。
墜落を覚悟した乗客の人たちは、恐怖の中で残された僅かな時間
家族に震える文字、走り書きで遺書代わりにメモを遺して・・・。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/08/12 06:54】 | いのちの桜
トラックバック(0) |


キャロル
こんにちは。
月並みですが暑いですね。
食欲もなくお昼などは無理矢理食べています。

>見習えよ、私・・・・。
これいいですね。
何というか、ぎりぎりのところで出てくる言葉のように感じられます。
こういう言葉が出てくる時の人間に私は最も魅力を感じます。
もちろん本人はつらくて仕方ないのでしょうが…。

>不信心者の私がこんなことをするのは、何年ぶりだろう。
すごく若い時と違っていい意味でこだわりが弱くなっているのでは。
迎えに来てるなんて考えないでくださいね
私も特に特定の宗教などは信じていませんが
昔ほど退けることもありません。
あと個人的な話なのですが
つい最近仕事関係ですごーく腹立たしい人がいたのですが
昔だったらかなり根に持って場合によっては
「機会があれば絶対仕返ししてやる」などと
思うこともあったのですが
最近では「この人にも何か事情でもあるんだろうな」
などと考えられるようになりました。
これなどもある程度年齢がいったおかげなのかもしれません。
ただ1、2日はカッカしているところは昔と同じですが。
こう見えても意外(?)と短気なんです。

ではお盆中つもる話もあると思うので
この辺で。


愛車カプチ号も寄る年波(平成4年生まれ)には勝てず夏バテで工場入りし、一時キャロルになっているカプチより                 


Re: キャロルさん
narei
こんにちは。
キャロルさん・・・・?
どなたかと思ったら、カプチさんだったのね。               

暑い毎日ですわね~ほんと。
でも、暑さにはめっぽう強い私。
冷房も最近、ネコが具合悪くなって数日前からつけるようになったくらいです。

食欲は、確かにあまりないわーそう言えば。
でも、寒さに比べたらもうもう ラク~~~~~~~てなもんですわ、私には。

無宗教 と言っても
うちはおばあちゃんが熱狂的な日蓮宗の信者でね、
母がよくお盆やお彼岸の度に供養を欠かしていなかったの。
母も勿論無宗教だったけど
「おばあちゃんのことだけはやってあげたい」
「お母さんはどうでもいいから、貴女にもおばあちゃんだけは・・」とよく言われていて。
実際おばあちゃんは、生きてるときは何の贅沢もせず日蓮さまだけが生き甲斐みたいな人で
「あたひゃ生きてるうちはいいから!死んでからやっとくれ!」
と、さんざん言っていたの。

母も亡くなって、私はバイトとか大学とかで供養してあげられなくなって・・
ずっと気になってたという訳です。
「死んでからやっとくれ!ってのがいちばん困るんだよ~おばあちゃん」
などと呟きつ。(笑

私自身、無宗教でも、「宗教嫌い!」と極端に毛嫌いしていないしね、
宗教学とか、学問としてはむしろ興味があります。
ただ、私自身は特定の宗教を信仰しないと言うだけでね。

そ・・・・まさにギリギリのところを生きております・・・。
なので、大切な人を失って尚、そのことをきちんと引き受けて
生きている人たちは、私にとって凄い勇気のある人たちだと思えます。

明日がお盆の入りだったかな。
狭い我が家ではお迎え火なんて焚くことも出来ないので
せめてアロマキャンドルをお迎え火代わりに
玄関のドアを開けてお迎えしながら
亡き人たちと、ゆっくり話をしようと思っています。

仏壇の花をネコがすぐに食おうとするのでいちいち怒ってるナレイより~



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
月並みですが暑いですね。
食欲もなくお昼などは無理矢理食べています。

>見習えよ、私・・・・。
これいいですね。
何というか、ぎりぎりのところで出てくる言葉のように感じられます。
こういう言葉が出てくる時の人間に私は最も魅力を感じます。
もちろん本人はつらくて仕方ないのでしょうが…。

>不信心者の私がこんなことをするのは、何年ぶりだろう。
すごく若い時と違っていい意味でこだわりが弱くなっているのでは。
迎えに来てるなんて考えないでくださいね
私も特に特定の宗教などは信じていませんが
昔ほど退けることもありません。
あと個人的な話なのですが
つい最近仕事関係ですごーく腹立たしい人がいたのですが
昔だったらかなり根に持って場合によっては
「機会があれば絶対仕返ししてやる」などと
思うこともあったのですが
最近では「この人にも何か事情でもあるんだろうな」
などと考えられるようになりました。
これなどもある程度年齢がいったおかげなのかもしれません。
ただ1、2日はカッカしているところは昔と同じですが。
こう見えても意外(?)と短気なんです。

ではお盆中つもる話もあると思うので
この辺で。


愛車カプチ号も寄る年波(平成4年生まれ)には勝てず夏バテで工場入りし、一時キャロルになっているカプチより                 
2011/08/12(Fri) 13:53 | URL  | キャロル #-[ 編集]
Re: キャロルさん
こんにちは。
キャロルさん・・・・?
どなたかと思ったら、カプチさんだったのね。               

暑い毎日ですわね~ほんと。
でも、暑さにはめっぽう強い私。
冷房も最近、ネコが具合悪くなって数日前からつけるようになったくらいです。

食欲は、確かにあまりないわーそう言えば。
でも、寒さに比べたらもうもう ラク~~~~~~~てなもんですわ、私には。

無宗教 と言っても
うちはおばあちゃんが熱狂的な日蓮宗の信者でね、
母がよくお盆やお彼岸の度に供養を欠かしていなかったの。
母も勿論無宗教だったけど
「おばあちゃんのことだけはやってあげたい」
「お母さんはどうでもいいから、貴女にもおばあちゃんだけは・・」とよく言われていて。
実際おばあちゃんは、生きてるときは何の贅沢もせず日蓮さまだけが生き甲斐みたいな人で
「あたひゃ生きてるうちはいいから!死んでからやっとくれ!」
と、さんざん言っていたの。

母も亡くなって、私はバイトとか大学とかで供養してあげられなくなって・・
ずっと気になってたという訳です。
「死んでからやっとくれ!ってのがいちばん困るんだよ~おばあちゃん」
などと呟きつ。(笑

私自身、無宗教でも、「宗教嫌い!」と極端に毛嫌いしていないしね、
宗教学とか、学問としてはむしろ興味があります。
ただ、私自身は特定の宗教を信仰しないと言うだけでね。

そ・・・・まさにギリギリのところを生きております・・・。
なので、大切な人を失って尚、そのことをきちんと引き受けて
生きている人たちは、私にとって凄い勇気のある人たちだと思えます。

明日がお盆の入りだったかな。
狭い我が家ではお迎え火なんて焚くことも出来ないので
せめてアロマキャンドルをお迎え火代わりに
玄関のドアを開けてお迎えしながら
亡き人たちと、ゆっくり話をしようと思っています。

仏壇の花をネコがすぐに食おうとするのでいちいち怒ってるナレイより~

2011/08/12(Fri) 15:32 | URL  | narei #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック