FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ママ どこにも行かないで

口癖のように

そう言っていた 幼い日

ママの影に

身を潜めていた 幼い日





ママは 大きく光を放ち

大きな 影だけ

遺品にして

消えてった






過去の 欠如を

引きずって

失った 半身

探しながら

よいさ よいさと歩いてる








過去の 欠如に

心乱され

揺さぶられ

ときに 潰れそうになりながら

それでも

重たいこの身 引きずって

まだ 歩いてる







たとえ 半身のままでも

ひとと言う名の

杖が あれば

きっと 歩けるだろう







ママの 遺品整理をして

ない半身を 

晒していられるようになったら

よいさ よいさでも

きっと 今よりずっと楽に 

歩けるはずさ





お母さん

一日も早く

あなたを 良い思い出にして

私の心の 大事な場所に

置かせて











みんなーーーー!ぽちはここだーで~~

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/19 06:24】 | 深層心理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック