FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
狂おしいまでに ちち子を思う

溢れるほどのこの思いを

もて余している




ちち子の存在は

私には 大き過ぎたね




ちち子

お前は今 どこにいるの?

私はね

お前たちを失ってから

もう犬や猫を飼うのをやめて

子猫の一時預かりの

ボランティアをやっているよ





お前への 溢れる思いを

子猫たちに注いで

いや・・・・・

お前は お前なんだ

お前に代わる子なんかいやしない






だけどせめて お前への思いを

少しでも 癒したくて

子猫たちを 看ているよ






私はもう猫の一生は看られないけど

せめて子猫たちに

安楽に生きて欲しいと願い

良い人に出会って欲しいと願う

子猫たちの人生の「通過者」として

今度は 猫たちと関わって行くよ





不思議だね

お前への 溢れる思いが

私を 動かしてる気がしてならないんだよ






私は 小さなビビりのお前から

沢山のものを もらって来たんだね






お前が 生きてるうちに

そのことに 気づいてやれなくて

本当に ごめんよ





深い悲しみ色の 絵の具が

静かな愛情色の 絵の具に

混ざって 溶けたよ





心から ありがとう

私の 天使



亡き骸・その2


121212_1033~01

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2014/01/15 04:54】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


fulljun
ありがとうと言えるなら
少しだけネガティブでない。
時間が動いてますね。

Re: fulljunさん
ナレイ
コメント、ありがとうございます。

ネガティブであっても、「ありがとう」
は言いますよ。

私のネガティブは、ほんとはひとが優しいことも
この世が怖いものでなんかないことも
知ってはいるけど、
まだそれを体感出来ないネガティブなんです。


fulljun
いつまでも亡くなった悲しみの中だけで
生きてる人も多いです。

悲しむだけでなく、ちゃんと決別して
ありがとう、と言えるなら

という意味で書きました。
しったかしてごめんなさい。



子猫の一時預かりのボランティアですか
ここにもそういうのがあればよかった。


Re: fulljunさん
ナレイ
再コメント、ありがとうございます。

いやあ・・・私だって全然「決別」なんかしてない。
毎日悲しみに暮れてます。

でもね、子猫の一時預かりボラを始めたお陰で
悲しみだけでない、何か(としか言いようがない)が
私の中に芽生えたのは確かです。

まだあきらめることは出来ないけど
時間をかけて
良い思い出には出来るかも知れない って
子猫が教えてくれた気がします。

そしてどれだけちち子が沢山のものを
私に与えてくれていたかもね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうと言えるなら
少しだけネガティブでない。
時間が動いてますね。
2014/01/15(Wed) 22:44 | URL  | fulljun #NAijnZeA[ 編集]
Re: fulljunさん
コメント、ありがとうございます。

ネガティブであっても、「ありがとう」
は言いますよ。

私のネガティブは、ほんとはひとが優しいことも
この世が怖いものでなんかないことも
知ってはいるけど、
まだそれを体感出来ないネガティブなんです。
2014/01/16(Thu) 06:04 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
いつまでも亡くなった悲しみの中だけで
生きてる人も多いです。

悲しむだけでなく、ちゃんと決別して
ありがとう、と言えるなら

という意味で書きました。
しったかしてごめんなさい。



子猫の一時預かりのボランティアですか
ここにもそういうのがあればよかった。
2014/01/17(Fri) 04:45 | URL  | fulljun #NAijnZeA[ 編集]
Re: fulljunさん
再コメント、ありがとうございます。

いやあ・・・私だって全然「決別」なんかしてない。
毎日悲しみに暮れてます。

でもね、子猫の一時預かりボラを始めたお陰で
悲しみだけでない、何か(としか言いようがない)が
私の中に芽生えたのは確かです。

まだあきらめることは出来ないけど
時間をかけて
良い思い出には出来るかも知れない って
子猫が教えてくれた気がします。

そしてどれだけちち子が沢山のものを
私に与えてくれていたかもね。
2014/01/17(Fri) 17:43 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック