FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
私が生まれた頃には既にあったアナログテレビ。

白黒で、がチャチャ回すチャンネルだったね。
家具調のカラーテレビになったときは
凄く立派で綺麗で、
もの凄く贅沢で豪華な気がして、嬉しかったよ。

1962年・昭和37年生まれの私の成長と一緒に
時代を映してくれたアナログテレビ。

いつも家族の食卓にあって
私たちを楽しませ、ときめかせてくれたアナログテレビ。

忘れないよ。

地上デジタルになっても、

私の心にはずっと、
一緒に育ったアナログテレビの映像が
鮮明に刻まれているから。

大阪万博の太陽の塔も
あさま山荘事件も
三島由紀夫の自決直前の姿も

日本航空機墜落事故も。

この事故で、坂本九さんは亡くなったけど
彼が歌っていた「上を向いて歩こう」は
今も尚、歌い継がれているよ。

大韓航空機墜落事件も。

この事件に巻き込まれて亡くなった
脚本家の向田邦子さんのドラマが好きだったよ。
向田さんの書く本は、いつも、言葉によらない
日本人ならではの昭和の空気そのもの だったね。

亡き母はあなたの「あ、うん」を観ながら、
私に、若かりし頃の自分の 純愛 を語ってくれたものだった。

昭和天皇崩御のあの日も
大喪の礼も
今上(きんじょう)天皇、当時の皇太子、即位の礼も

雅子さまご成婚パレードも

阪神淡路大震災も
オウム真理教事件も

3.11のあの震災も

そして今日という日も、忘れないよ。

アナログテレビがなくなっても、

こうして目を閉じれば、全て、焼き付いているから。

あの貴重な映像の数々は、
私の記憶の中に存在してるから。

心はずっとアナログのまま、

私にとっては生きづらいデジタル化の時代を生きて行くよ。

そう。

それでもやっぱり、牛はのろのろと歩く
どこまでも歩く

遅れても 先になっても
自分の道を自分で行く


高村光太郎の「牛」のように。

こんな昭和の時代から一緒だったアナログテレビ、
忘れないよ。
110723_1433~01
時代がどんなに変わっても。
110724_0928~01

2011年・平成23年7月24日(日)
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/07/24 07:04】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |

アナログ放送終了。
shika(すぱる)
東北地方の3県を除いた、44都道府県は地デジへ移行しましたね。と言っても、テレビ無いのでリアルには分からない私です。


PCの高速インターネットなどの普及により、電波に空きがなくなったきたために止むを得ず地デジに移行するという理由ではありますが、それにしても性急すぎました。アナログ放送終了は惜しい。

さようならアナログ放送~忘れませぬ。

Re: アナログ放送終了。
ナレイ
すばるさん

> PCの高速インターネットなどの普及により、電波に空きがなくなったきたために止むを得ず地デジに移行するという理由ではありますが、それにしても性急すぎました。アナログ放送終了は惜しい。

この理由が事実なら、酷な話だよね・・・。
ブラウン管テレビ と言うのは誰でも観られるもの としてあなたが生まれるずっと前、
私が生まれる10数年前からずっとあったものなのよ。

記事には書き切れないほど、もっともっといろんなことがあった。
昭和はまさに激動の時代だったのよ。
若いあなたにはピンと来ないだろうけどね。

58年もの間、時代を映し出してくれたアナログテレビ、
私は、さよならは言わないわ。
私の心はずっとアナログのままだから。

デジタル化の世の中を生きながら、アナログの心は失いたくないから。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アナログ放送終了。
東北地方の3県を除いた、44都道府県は地デジへ移行しましたね。と言っても、テレビ無いのでリアルには分からない私です。


PCの高速インターネットなどの普及により、電波に空きがなくなったきたために止むを得ず地デジに移行するという理由ではありますが、それにしても性急すぎました。アナログ放送終了は惜しい。

さようならアナログ放送~忘れませぬ。
2011/07/24(Sun) 16:56 | URL  | shika(すぱる) #qbq6I53Q[ 編集]
Re: アナログ放送終了。
すばるさん

> PCの高速インターネットなどの普及により、電波に空きがなくなったきたために止むを得ず地デジに移行するという理由ではありますが、それにしても性急すぎました。アナログ放送終了は惜しい。

この理由が事実なら、酷な話だよね・・・。
ブラウン管テレビ と言うのは誰でも観られるもの としてあなたが生まれるずっと前、
私が生まれる10数年前からずっとあったものなのよ。

記事には書き切れないほど、もっともっといろんなことがあった。
昭和はまさに激動の時代だったのよ。
若いあなたにはピンと来ないだろうけどね。

58年もの間、時代を映し出してくれたアナログテレビ、
私は、さよならは言わないわ。
私の心はずっとアナログのままだから。

デジタル化の世の中を生きながら、アナログの心は失いたくないから。



2011/07/24(Sun) 20:30 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック