FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
大病院では

入院患者の仕事は

待つこと だ

ドクターが周って来るのを 待ち

ナースが周って来るのを 待ち

食事が来るのを 待ち

検査で呼ばれるのを 待ち

食事が来るのを 待ち





日々 待ち続けることで

生活する




Opeをしようが

どんな説明をされようが

私は常に

自分の 万一のことを

考えている




患者を待たせることが 前提のドクターを

私は 信頼していないから


どんなに痛くても 苦しくても
 
「白い巨塔」の中では

待つしかないのだ




本日、無事退院しました。
結局何の病気だったのか、診断はつかぬまま
症状が治まったので経過を診て
問題なし と言うことで退院となりました。

ご心配下さった方々、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/10/16 12:29】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック