FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
ベッドに横たわったままの生活になると

わかるんだよね、すぐに

病棟の廊下を通る足音が、誰のものかがね


この速足は夜勤明けナース、

このゆっくりと廊下を擦るような足音は患者さん

足音すら聞こえないほどの速さで現れるのはドクター

そんなふうにね



私は一体何の病気なのか

まだ最終的な診断は出ていない



特に何も心配はしていないけれど

お金がかかるのだけは嫌




病院から見る 秋空は

抜けるようで


こっそり見つけた

喫煙エリアで

煙草を吸いながら


また

果てしなく 長い一日を思う

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/10/14 10:20】 | 雑感
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック