FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
闇の道を歩いていると

あちこちで 灯りが漏れる

その灯りの数だけ

幸せはあるの?




ひとりぼっちで

いつも寒いから

あの灯りを見ると

誘われる




小さな灯りの下で

クイックスローと踊りたい

誰かのリードがあればきっと

まだ踊れるわ




そう思ってみても

やっぱり 暗闇の中

誰のリードもないまま

灯りは自分で点けるしかないのね




眠ったままの ダンスシューズ

煙草の 煙

空っぽの 心

冷たい お部屋

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

【2013/10/04 06:31】 | ネガティブ性
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック