FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日 ミュウが永眠しました。

これで3匹目、
ミュウは、肺がんでした。

肺に出来た腫瘍が食道を圧迫し
固形物はもう食べられなくなっていました。

魚を煮込んでは、そのだし汁を飲ませていましたが

やがて食欲もなくなって行きました。

肺がんだったので、息が苦しい毎日で
その姿を見ている私も、苦しかったです。


私がミュウに見たのは
「命の尊厳」や「命の尊さ」なんかではありません。

野良あがりのミュウは、
どんな環境の中でも
いつも 生きよう、生きようとしていました。

そして最期まで
ただ文字通り 身悶えして
苦しんで苦しんで 苦しみ抜いて
頑張って生きた、人間なんかには真似の出来ない
愛しい野良あがりの生き様 でした。

ミュウは今日 荼毘に付されます。

これで犬6頭、猫3匹 見送りました。

我が家には、私が5歳の時からイヌネコがいましたから、
イヌネコのいない生活は、
実に、45年ぶりです。

これでミュウは
ようやく、楽になりました。
今、まるで眠ってるようです。

ご心配下さった方々、
ありがとうございました。

130721_1619~01


ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:散文 - ジャンル:小説・文学

【2013/09/03 02:45】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


カプチ
安楽死じゃなくて
よかったのではないかと思います。
理由はうまく言えないけど
そんな気がします。
自然に帰って行ったんですね。
会ったことはないけど
同じ生き物として
手を合わせます。

Re: カプチさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

さっき火葬から帰って来ました。
ミュウは、自然に帰って行きました。

>安楽死じゃなくて
>よかったのではないかと思います。
今日に至るまでには、本当にミュウは苦しんで苦しんで
こんなに苦しませるくらいなら・・・と何度も思いました。

でも私も、安楽死ではなくて良かったと思います。
私も上手く言えないけど、
私の「判断」や「決断」で、ミュウの命日が決まる
と言うのは、何か違うんじゃないか・・
そんな気がしたからです。

苦しむ姿を見ているしかないのは、本当に辛かったけれど。

>同じ生き物として
>手を合わせます。
ありがとう。

ミュウは、これでやっと、楽になりました。


エリロ
記事のタイトル見て
びっくりして
あわててログインしたよ。

そうか・・・
ナレイさんちにいた
個性あふれるキュートな猫ちゃんたちは
旅立っていったんだね。
・・・旅立つなんて
そんなきれいごとじゃないんだろうけどね。




なな
今晩は、今年はお別れの年に成りましたね。

身近で大切な存在の命が1つずつ消えて行く

のを見届けるのはさぞかし大変な心境だったと

思います。

ご冥福をお祈りします<m(__)m>

いっぱいの思い出と最後の瞬間を思い出す

時期だと思いますが、どうかナレイさん自身の

お身体ご自愛下さい。

睡眠を取って、体に栄養を入れて少しずつゆ

っくり元気に成ってくれればと思っています。

Re: エリロはん
ナレイ
コメント、ありがとう。

5月、7月、9月・・と、短い間に
次々と、みんなお空へ行ってしまったんよ・・・

ごん太は大往生だったから良いけど
(と言っても苦しんで、見てるのが辛かった・・)
ちち子とミュウは寿命じゃなかったからね、まだ。

ミュウも、
苦しんで苦しんで苦しんでね、
その姿を一人で見ているしかないのは、本当に辛かった。

こんなに短いスパンで、苦しむ子たちを看取らなきゃいけなくなって
もう潰れるほど辛かった。

いちばん苦しかったのは、あの子たちだけどね。

昨日はまた、一人でミュウの骨を拾ったしね。
今はもう 撃沈・・・

でも、
人間の死より、獣の死のほうが
学ぶことが多い ってことを
潰れそうになりながらも実感したよ。



Re: ななさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

ほんと、お別れの年 になっちゃったね。

短いスパンで、ひとつ、またひとつといのちが消えて行くことが
本当に辛かったよ。
苦しむ姿を見ているしかないことも。

でも、あの子たちの生き様、死に様に
私は多くを学んだよ。

いつも心配してくれてありがとね。

そうだね。
暫くは落ち込むと思うけど
ゆっくりゆっくり元の私を取り戻して行くことにするよ。

ありがとう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
安楽死じゃなくて
よかったのではないかと思います。
理由はうまく言えないけど
そんな気がします。
自然に帰って行ったんですね。
会ったことはないけど
同じ生き物として
手を合わせます。
2013/09/03(Tue) 17:49 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、ありがとう。

さっき火葬から帰って来ました。
ミュウは、自然に帰って行きました。

>安楽死じゃなくて
>よかったのではないかと思います。
今日に至るまでには、本当にミュウは苦しんで苦しんで
こんなに苦しませるくらいなら・・・と何度も思いました。

でも私も、安楽死ではなくて良かったと思います。
私も上手く言えないけど、
私の「判断」や「決断」で、ミュウの命日が決まる
と言うのは、何か違うんじゃないか・・
そんな気がしたからです。

苦しむ姿を見ているしかないのは、本当に辛かったけれど。

>同じ生き物として
>手を合わせます。
ありがとう。

ミュウは、これでやっと、楽になりました。
2013/09/03(Tue) 18:48 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
記事のタイトル見て
びっくりして
あわててログインしたよ。

そうか・・・
ナレイさんちにいた
個性あふれるキュートな猫ちゃんたちは
旅立っていったんだね。
・・・旅立つなんて
そんなきれいごとじゃないんだろうけどね。

2013/09/03(Tue) 20:22 | URL  | エリロ #-[ 編集]
今晩は、今年はお別れの年に成りましたね。

身近で大切な存在の命が1つずつ消えて行く

のを見届けるのはさぞかし大変な心境だったと

思います。

ご冥福をお祈りします<m(__)m>

いっぱいの思い出と最後の瞬間を思い出す

時期だと思いますが、どうかナレイさん自身の

お身体ご自愛下さい。

睡眠を取って、体に栄養を入れて少しずつゆ

っくり元気に成ってくれればと思っています。
2013/09/03(Tue) 20:36 | URL  | なな #-[ 編集]
Re: エリロはん
コメント、ありがとう。

5月、7月、9月・・と、短い間に
次々と、みんなお空へ行ってしまったんよ・・・

ごん太は大往生だったから良いけど
(と言っても苦しんで、見てるのが辛かった・・)
ちち子とミュウは寿命じゃなかったからね、まだ。

ミュウも、
苦しんで苦しんで苦しんでね、
その姿を一人で見ているしかないのは、本当に辛かった。

こんなに短いスパンで、苦しむ子たちを看取らなきゃいけなくなって
もう潰れるほど辛かった。

いちばん苦しかったのは、あの子たちだけどね。

昨日はまた、一人でミュウの骨を拾ったしね。
今はもう 撃沈・・・

でも、
人間の死より、獣の死のほうが
学ぶことが多い ってことを
潰れそうになりながらも実感したよ。

2013/09/04(Wed) 05:27 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
Re: ななさん
コメント、ありがとう。

ほんと、お別れの年 になっちゃったね。

短いスパンで、ひとつ、またひとつといのちが消えて行くことが
本当に辛かったよ。
苦しむ姿を見ているしかないことも。

でも、あの子たちの生き様、死に様に
私は多くを学んだよ。

いつも心配してくれてありがとね。

そうだね。
暫くは落ち込むと思うけど
ゆっくりゆっくり元の私を取り戻して行くことにするよ。

ありがとう。
2013/09/04(Wed) 05:44 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック