FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
グループ魂(だましいじゃございません たましい です)
の曲に関して、新たにカテゴリを設けました。

♪嫁とロック
この曲は
破壊ちゃま(阿部サダヲ)によると

オレたちにはヨメ!ヨメがみんないます。
そんな人たちがロックを歌うという曲を創りました

だそうで。

事実、独身なのはメンバーの中で確か二人だけだったかと。
それももう何年も前のこと。

アルバムの中では ヨメ の野太い声が入ってるんです。

グループ魂のファンには、圧倒的に若い女の子が多く、
そう言う子たちは「破壊ちゃまカッコいい!」とか「大好き!」とか
そんなノリでしょうが、
彼らも売れない時期があり、現在に至る訳で。

そんな中でクドカンのこの作詞のセンス(泣笑
ロッカーなのに常に
「ヨメの次」「ヨメにはアタマが上がらない」「ヨメの扶養」設定。
阿部サダヲ氏の歌唱力とあの表現力で
ヨメヨメヨメ!を連呼されるとまぢ、ウケますし・・・

ナイスです・・ほんとに。

そして、音楽には疎い私ですが、耳は良いので
「このギターはちょっとフツーじゃないでしょ?」と聞いたら、
音楽好きな友人のダンナが
クドカンのギターは凄い!と感心していた、

嗚呼、「嫁とロック」を聞く度、あなたを思い出してしまう私・・・

ナレイは歌が上手いよなあ
と、いつだったかカラオケで言ってくれたあなたに
こんばんわ 夜のマザーテレサ ナレイです
♪ヨメはヨメはヨメは!ディズニーが好き~♪


と、港カヲルさん的MCも交え、
あなたの家庭ふうにアレンジして、いつかきっと、この歌を捧げます!

私がPSWになって、うちの団体がもっと儲かるようになったら
クソつまんないふくし臭いナンたら音楽会でなくて
ぜし!グループ魂をお招きしたいもんだ~

ギャラがパないと思うので
夢のまた夢・・・ですけどね。
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2011/07/09 05:53】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |


エリロ
>クソつまんないふくし臭いナンたら音楽会でなくて
(爆)いいわね~!
千の風になったり、桜咲き誇ったり、ざわわざわわの畑じゃなくって
(個人的にはこの3曲は好きですが^^;)
「嫁とロック」な音楽祭!
チョ~ノリノリで
(利用者さんたちより職員がノリノリ?)

グループ魂は呼べなくても
ナレイさんが歌ってもサイコーだと思うよ。

Re: クソつまんない音楽会
ナレイ
おお~~~エリロはん!

コメントをおおきに~

いや、クラシックも好きよ、個人的にはね。

でもたまにはグループ魂みたいな いかにも じゃない音楽会があっても
いいんじゃないかしら?と思うのよ。

「ども!グループたましいです!だましい じゃございません
冷たい顔しないで冷たい顔しないで」なんてサダ・・じゃなかった
破壊ちゃまふうに~^^

私でいいならぜし!ボーカルをやりたいわー
ギターとベース、誰か担当してくれないかしら~

♪ぶるぶるしたい~ぶるぶるしたい~ぶるぶるぶるぶるうわーーーーっ!!!
つぎは~よのほんまち~よのほんまちとゆうえきに止まりたいと思いま~す♪

やりたいわー^^




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>クソつまんないふくし臭いナンたら音楽会でなくて
(爆)いいわね~!
千の風になったり、桜咲き誇ったり、ざわわざわわの畑じゃなくって
(個人的にはこの3曲は好きですが^^;)
「嫁とロック」な音楽祭!
チョ~ノリノリで
(利用者さんたちより職員がノリノリ?)

グループ魂は呼べなくても
ナレイさんが歌ってもサイコーだと思うよ。
2011/07/10(Sun) 14:48 | URL  | エリロ #-[ 編集]
Re: クソつまんない音楽会
おお~~~エリロはん!

コメントをおおきに~

いや、クラシックも好きよ、個人的にはね。

でもたまにはグループ魂みたいな いかにも じゃない音楽会があっても
いいんじゃないかしら?と思うのよ。

「ども!グループたましいです!だましい じゃございません
冷たい顔しないで冷たい顔しないで」なんてサダ・・じゃなかった
破壊ちゃまふうに~^^

私でいいならぜし!ボーカルをやりたいわー
ギターとベース、誰か担当してくれないかしら~

♪ぶるぶるしたい~ぶるぶるしたい~ぶるぶるぶるぶるうわーーーーっ!!!
つぎは~よのほんまち~よのほんまちとゆうえきに止まりたいと思いま~す♪

やりたいわー^^


2011/07/10(Sun) 19:22 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック