FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日 おとといか、何気なく見ていた「とくダネ」で
綾野剛?とか言う若い役者がインタビューに答えてた。

若い役者にはサッパリ興味のない私だが
彼の言葉が 非常に印象的だった。

自分は作品や役柄にしか興味がない
自分はいらない。全く興味がない

と言うようなことを。

これ、狙って言ってないのだとしたら
何者にも囚われない、凄い境地だ。

芸能人も
私たちブロガーも
皆 自分に固執している。
他の誰より、自分に興味があり過ぎて
自分を周囲に見てもらいたくて仕方ない。
我(が)とも言える。

ただ、この自己愛的な感覚は
本来なら芝居の世界では生かすことが出来る。

ブログの世界では、あまり意味がないけど。

もしも私が
綾野剛のように
「自分には全く興味がない。自分はいらない」
と思えたら

私は病気には、なりようがなかっただろう。
何に対しても 囚われないんだから。

ブロガーは
私も含めて、自分に興味があり過ぎる。
自分が好き過ぎるんだよなあ・・
と、いつも思う。

まあ綾野剛も、
狙って言ってるのか、
言わされてるだけかも知れないけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:散文 - ジャンル:小説・文学

【2013/08/30 00:48】 | どーでもいい話題・おふざけ・毒吐き
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック