FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日は 大事な講義の日だった

この講義を聞く度

私の主体が 揺らぐ

一個一個積み上げている 積木のてっぺんが

ぐらぐらするみたいに



私は今日 ここへ来たくて

主体的に 来てる


だけど みんな本当に

「主体的に」 やりたいことをやっているんだろうか

誰かに やらされてるだけかも知れないじゃないか


主体 と思っている「私」は

本当に そんなに確実なことなんだろうか




私の主体 と言う積木のてっぺんが

ぐらぐら揺れて

崩れそうになる


みんなは 自分の積木がぐらつくことはないのだろうか


私は 私?

あなたは 本当にあなた?

私は だれ?

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト




FC2blog テーマ:散文 - ジャンル:小説・文学

【2013/08/25 05:32】 | 深層心理
トラックバック(0) |


カプチ
主体とか自分とか言われているものは
借り物だと思います。
じゃあ借り物でないものはあるかと言うと
そんなものないでしょう。
そんな考えで生きられるのかと聞かれたら
むしろ妙な主体など意識しない方が
よっぽど楽しく生きられると言いたいです。



Re: カプチさん
ナレイ
コメント、ありがとう。

>主体とか自分とか言われているものは
>借り物だと思います。
私もよくこう言うふうに思うのだけど

でも私たちは常に
何事かを自分で選んでる訳ですよね?

例えば カプチさんが労総思想の本を読んだり
私が ブログを更新したり。
そう言うのは、いくら主体が借り物だと言っても

やっぱ 主体的に 選んでるのだと思います。

でも 記事にも書いたように
主体なんてそんなに確実なものじゃない。

なのでの私の主体はいつもぐらぐらしていると言う訳です。


エリロ
ナレイさんの言っている主体と
私が考えている主体は
違うものかもしれないけれども

私は最近
ちょっとショックだった。

それは
私が「私の意思でそうやってきた」と思ってきたことや
「私の意思ではなかったけれど
それをしてきたことはしょうがないなと思う」ととらえてきたことが

実はちっとも
私が主体的に行ったことではなかったということに気付いて
その多さに
もう・・・爆笑するしかなくってさ(笑)

主体的ってなんだろうとか考えた。
「私らしく」とか「個性」とか「自分の意思」とかって
幻想か?(と、そこまで悲観的になるのは行き過ぎだけど)
何かに、誰かに、もしくは自分に都合よく
踊らされていることの方が多いんだってことを
わかっておかないと
だめだなぁと反省したのでありました。へへへ。

Re: エリロはん
ナレイ
コメント、ありがとう。

「大事な講義」と私が言ったら
誰の講義かは、わかってくれるよね?
「彼」しかいないもんね。

今回は、敢えて名前を伏せて書きました。

私は「彼」の講義を聞く度、その話の余りの深さに
必ずこの感覚に陥るの。

私たちが「主体」と思っているものは全て幻想に過ぎないんじゃないか
(私はそれを必ずしも悲観的には捉えていない)
って話を始めると、もう哲学の世界に行ってしまうから、ちょとやめといて~

>私が「私の意思でそうやってきた」と思ってきたことや
>「私の意思ではなかったけれど
>それをしてきたことはしょうがないなと思う」ととらえてきたことが
>実はちっとも
>私が主体的に行ったことではなかったということに気付いて

エリロはんは気づいたけど
大抵の人は、これを何の迷いも疑いもなく
「私は主体的に生きている。自分の意思で、やっている」
と思ってるんだと思うよ。

「自分の意思で」「主体的に」やってるつもりでも
周りの環境や情報や、そう言うものに知らぬ間に影響を受けてる。

「自分で選んでる」つもりでも「選ばされてる」ことってあると思うんよ。
「これが私の個性だ」と言いながらね。

「主体」とか「個性」とか「意思」はそれだけ脆いものなんだよね。

だから私は
いつも自分の「主体」と言う積木のてっぺんが
ぐらぐらしてるのを意識しておくの~(笑

そのほうが、何かあったときショックが少なくて済むよ。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
主体とか自分とか言われているものは
借り物だと思います。
じゃあ借り物でないものはあるかと言うと
そんなものないでしょう。
そんな考えで生きられるのかと聞かれたら
むしろ妙な主体など意識しない方が
よっぽど楽しく生きられると言いたいです。

2013/08/25(Sun) 21:15 | URL  | カプチ #-[ 編集]
Re: カプチさん
コメント、ありがとう。

>主体とか自分とか言われているものは
>借り物だと思います。
私もよくこう言うふうに思うのだけど

でも私たちは常に
何事かを自分で選んでる訳ですよね?

例えば カプチさんが労総思想の本を読んだり
私が ブログを更新したり。
そう言うのは、いくら主体が借り物だと言っても

やっぱ 主体的に 選んでるのだと思います。

でも 記事にも書いたように
主体なんてそんなに確実なものじゃない。

なのでの私の主体はいつもぐらぐらしていると言う訳です。
2013/08/26(Mon) 04:25 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
ナレイさんの言っている主体と
私が考えている主体は
違うものかもしれないけれども

私は最近
ちょっとショックだった。

それは
私が「私の意思でそうやってきた」と思ってきたことや
「私の意思ではなかったけれど
それをしてきたことはしょうがないなと思う」ととらえてきたことが

実はちっとも
私が主体的に行ったことではなかったということに気付いて
その多さに
もう・・・爆笑するしかなくってさ(笑)

主体的ってなんだろうとか考えた。
「私らしく」とか「個性」とか「自分の意思」とかって
幻想か?(と、そこまで悲観的になるのは行き過ぎだけど)
何かに、誰かに、もしくは自分に都合よく
踊らされていることの方が多いんだってことを
わかっておかないと
だめだなぁと反省したのでありました。へへへ。
2013/09/03(Tue) 20:30 | URL  | エリロ #-[ 編集]
Re: エリロはん
コメント、ありがとう。

「大事な講義」と私が言ったら
誰の講義かは、わかってくれるよね?
「彼」しかいないもんね。

今回は、敢えて名前を伏せて書きました。

私は「彼」の講義を聞く度、その話の余りの深さに
必ずこの感覚に陥るの。

私たちが「主体」と思っているものは全て幻想に過ぎないんじゃないか
(私はそれを必ずしも悲観的には捉えていない)
って話を始めると、もう哲学の世界に行ってしまうから、ちょとやめといて~

>私が「私の意思でそうやってきた」と思ってきたことや
>「私の意思ではなかったけれど
>それをしてきたことはしょうがないなと思う」ととらえてきたことが
>実はちっとも
>私が主体的に行ったことではなかったということに気付いて

エリロはんは気づいたけど
大抵の人は、これを何の迷いも疑いもなく
「私は主体的に生きている。自分の意思で、やっている」
と思ってるんだと思うよ。

「自分の意思で」「主体的に」やってるつもりでも
周りの環境や情報や、そう言うものに知らぬ間に影響を受けてる。

「自分で選んでる」つもりでも「選ばされてる」ことってあると思うんよ。
「これが私の個性だ」と言いながらね。

「主体」とか「個性」とか「意思」はそれだけ脆いものなんだよね。

だから私は
いつも自分の「主体」と言う積木のてっぺんが
ぐらぐらしてるのを意識しておくの~(笑

そのほうが、何かあったときショックが少なくて済むよ。

2013/09/04(Wed) 07:01 | URL  | ナレイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック