FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
映画「ボヘミアンラプソディ」感想。
今更?なカンジだけど。


フレディ大好きな私は、とーぜん!
上映開始早々に観に行ってました。


しかし・・・・・・・なんで?なにあれあの映画・・・・

「ボヘミアン・ラプソディ」
大ヒット!万人が「感動!」の謎!

私には、どこが感動なのか、
サッパリ!わかりませんでした。
とんだ凡作・・・安いストーリー・・・
まるで 若者青春サクセスストーリー・・・・。


「QUEENを結成してちょっとケンカもしたけど
仲直りできて成功してよかったね!!」
ってだけの おはなし・・・・・・・・・・・。

ただ、音源だけは本物のフレディの歌声とQUEENの演奏、
合成もあるらしい、だけど、あの音量・音質は
やはり映画館でないとね。

私の場合、QUEENの「Days of Our Lives」
という、BBCのドキュメントのDVDを観ているから?
かとも思ったけど

べつに事実と違うとか、似てる似てないとか
そんなんどーでもいいんですよ。

ちょっと歯は 出過ぎね。
ものまね王座決定戦じゃないんだから(笑

そりゃ私だって当然真実は知りませんよ。
ドキュメントにも演出があるし。

でも、これは予告編にも出て来るけど
ブライアン、ロジャー、ジョンが
「君は伝説だ」と言う・するとフレディが
「僕たち さ」と言う・・・・・。

フレディは
そんなこと、間違っても言う人じゃないです!!!


むしろ
「お前らが有名になれたのもオレのお陰だからねー」
ぐらい言いそうな人だと私は思っています。
(勿論、想像に過ぎませんよ)

そして、まだ売れていなかった頃、フレディが一人で
「僕はポップスターにはなれない。
僕がなるのは、A Legend(伝説)だ」と言った、これが事実です。

まあ本当に「伝説」になっちゃうのがフレディの凄い所だけどね。

そういう・・・なんつの・・?
傲慢でじぶんだいすき!でおナルで猫と全身タイツがだいすきな
突出した才能を持った、変態フレディを私は愛しているんです。



それが、「ごくフツーのいい人」になっちゃってる・・・


突き抜けたような才能を持つ人間は
傲慢で身勝手で我が儘でおナルでいいんです!

謙虚さとか、礼儀とか、挨拶とか、そういうものの一切は
我々凡人が引き受ければ良いんですってば。

伝記映画 と言われてるけど

私が何より恐れているのは
エジソン、野口英世、フレディ・マーキュリー・・・・・
みたいな過去の偉人たち の一人に
フレディが、なってしまうことです。


やめてお願い!それだけはっ!

フレディは変態だったから、
あれだけのアーティストになれたんです!







ここで言う「変態」とは「変質者」みたいな悪い意味では
決してありません。
突出した才能を持つ人、
そういう人ってとかく人柄も偏ってたりする、
そういう意味を込めて愛を込めて私は「変態」と言ってます。
誤解なきように。
アダルトの方々ったらすーぐ勘違いするから~








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/11/13 00:03】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |