FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
「旅愁」

♪更け行く秋の夜(よ) 旅の空の
わびしき思いに 一人悩む
恋しや故郷(ふるさと) 懐かし父母(ちちはは)
夢路にたどるは 故郷(さと)の家路♪
   

訳詩:犬童球渓(いんどうきゅうけい)
作曲:オードウェイ


改めて、歌詞を読むと
文部省唱歌って良いんだよね。


いや、こういう唱歌は
みんな音楽の時間に歌わされて来たと思うけど
先生たちって、ただ歌わせるだけ!だから

小学生には意味もわからず、
お経みたいに覚えてるのね。
いや、日本語だから意味はわかってるんだけど
まだ子供だから、その歌詞の深さ みたいなものが
わからないんだよね。

ちょっと自慢になるけど、ナレイちゃんは
小学生の頃から歌が上手くて、「お手本」だったの。
歌うことは昔っから好きでね。
「ナレイさんのように歌いなさい」と先生はみんなに言ってた。
声は昔からデカいし、あんま意識してなかったけど
お腹から出してたみたい。


「秋のよる、たびに出てみあげる空は
何ともさびしくこころぼそいようで
ふるさとが恋しい、お父さんお母さんにも会いたい
ゆめ見るのは、いつもふるさと。
みんなも大人になったらわかると思うけど、
ふるさと、みんなはここがふるさとになるのかな?
ふるさとには特別な思いがあるものなの」

みたいに教えてくれたら良かったのに、と思う。

だって私はあの「ふるさと」だっけ?

♪うさぎおいしかの山
こぶな釣りしかの川♪

あの「うさぎ追いし」は
「うさぎ美味し」だとずっと思い込んでいて
そか・・東京ではうさぎを食べる習慣はないけど
地方の人はうさぎを食べるんだ・・・」

と随分長いこと思いこんでたんだもの~~(笑

歌詞と詩は、またちょっと違うけど
いろんな唱歌の歌詞は
やっぱりすごいなあと思う。
こんな詩が書けるようになりたいなあ~

でも私が好きなのは、やっぱり
「ちいさい秋見つけた」の2番かな。
昔つきあってた彼と
この歌は2番の歌詞がすごく良いね、と言っていたっけ。



♪だれかさん がだれかさんが だれかさんがみつけた
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
おへやは北むき くもりのカラス
うつろなめのいろ とかしたミルク

わずかなすきから秋のかぜ
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた♪


これほんとすごい・・・


とにかく日本はほんと、良い歌、というか
日本語の豊かさを感じさせてくれる歌詞が多い。
素晴らしいね。









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/11/05 00:03】 | つくづく思うこと
トラックバック(0) |