FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
皆、自分だけは「特別」だと思ってるでしょう。
他のやつらなんかより、自分のほうがイケてる
そう思ってる。

私だって、自分を「雑魚」だの「みじんこ」だのと
言いながら、やっぱりどこかで「特別」だと思ってる。


それは、必ずしも悪いことではない。
健康な自己愛は、誰にとっても必要なものだから。


問題なのは、過剰な自己愛。

自己愛が過剰になると、
他人からも「特別」だと思われたい、
もっと褒められたい、
もっと認められたい、その思いが強くなる。
そしてその思いは際限がない。


でも、自分が誰か、友達でも職場の人でもいい、
その人を「この人は特別だ」とは、
あまり思わないでしょう?

勿論、中には、本当に有能だったり
人間性の優れた人に対しては、特別だと思うこともあるけれど、


ひとのことは、さほど思わないでしょう?
あいつは雑魚だ、と思ったりするでしょう?

そゆこと。

つまり、自分が思うほど、自分は「特別」なんかじゃない
ってこと。

自分のことって、客観「的」に見ることは出来ても
完全に客観視 はできない。

私には「わたし」という「主観」のフィルターが
必ずかかってしまうから。

そのフィルターが、幻想を生むんだよね。

私は、その「主観」というフィルターを
できるだけ外して、世界を見たい。



だけど私の幻想ときたら、相当なものがあるので
できるだけ自分は「One of them」なんだと
言い聞かせてる。

自分を卑下する必要もないし
尊大になる必要もない。

わたし は、どこにでもいる
ただの わたし。

にしては、詩?なんかよく書いてるよなーおめえ。
詩を書くなんてさ、究極の自己愛だよ。

いや、他の方々がそうだと言ってる訳ではないです。
ひとの気持ちはわかりませんからね。

ただ、私の場合は、究極の自己愛だと思う訳。

だから最近ちょっとね・・・
詩を書くのはやめてみよっかなあと思ったりしてる。

小説 となるとまたこれがくたびれるから、
こういう、思いつくままの散文メインにしようかなと。


「世界に一つだけの花」という歌があれだけ流行ったのも、
一人として同じ人間はいないなんて当たり前のことなんだけど

それを  「君たちは、その他大勢・なんかじゃないんだよ、
一人一人がみんな特別で、君は君しかいないんだよ」みたいなことを
花をモチーフにした歌詞で、SMAPという
これまたまさに「特別な人たち」が歌ったから、
「One of them」の人たちには、めっちゃ響いた ってことなんじゃね?



寒いだけの、秋冬がまたやって来る。

今からその寒さに、恐れおののいている。

でも、自分だけ夏のままではいられない。
私も、自然の一部だから。

ただのわたし という自然の一部。

ああ、もう。フィルター、邪魔!

フィルターを外して、見る世界は
きっと、秋も冬も、優しい。



フリー画像・雲と信号









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/15 00:03】 | 深層心理
トラックバック(0) |