FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
これなんだわ・・・・

みんなこれのためなんだわ・・・・

おかね・・・おかね・・・・

あたしはただ、美しい布を見てもらいたくて・・・・・・・

それを見て喜んでくれるのが嬉しくて・・・・・


「夕鶴」の おつうの台詞に

そんなのがあったっけ

高校時代は 演劇部で

私は

金に目がくらんで

おつうを悲しませる

与ひょうの役を やったっけ






ほんとだね

この国の

全てのものには

値札が貼られている






夢 という値札

愛 という値札

幸せ という値札

いのち という値札




確か

私が 幼かった頃は

こんなに

値札だらけじゃなかった気がする

なのに

値札が どんどん増えて






金さえあれば

何でも手に入る この世で

信じられるものは どこに?





お金では買えないものがある

そう言うけれど

お金で買えないものって なに?




この世にあるのは

金のあるヤツとないヤツ

罪と その報いだけ


昔のドラマに

そんな台詞も

あったっけ





病んでいるのは わたし?

それとも

値札だらけの この世?





赤い靴








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/14 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |