FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文


片目の天使

お前はもう

二つもの お病気に

かかってしまったんだね

おくすりも ふえちゃったね






痛くて苦しいときも

たくさん あるだろうに

お前は

不満 というものを持たない






真白なお前は

ただ じっと

雪の重みに堪える

冬の花








お前が 冬の花ならば

そっと その枝を摘んで

暖かな部屋の花瓶に 生け

愛でてやりたい






いや お前は

春の花なんだ

だから 寒い

寒いよね

でも

なんとか二人で

この寒い寒い 季節を

乗り越えて行こうね








片目の天使

つまらせたお鼻のまま

それでも

気分良く のどを鳴らすお前は

立派だね

えらいね

いい子だね





ふざけて

お尻を振りながら

廊下を走るお前の姿は

この上ない 

束の間の幸せ

寝転んで 私に甘える

お前の姿は

この上ない

束の間の幸せ





絹のげんきだけを

この部屋に 入れて

窓を閉め

げんきが どこかへ行かないように

守りたい




どうか

どうか

この私たちの 幸せを

ずうっと長く 与えて







片目の天使

お前の苦しみは

私の 苦しみ

お前の喜びは

私の 喜び






おねーしゃんは

お前が

おそらに のぼる

その日 そのとき まで

ずっと ずっと

そばにいるよ




ちぬ・ミッキーさん似会う~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/09 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |