FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
注:私はフレディを愛を込めて「変態」と呼びますが、
それは、彼の性的指向とか全くかんけーないし、
一般的に言われる「変質者」みたいな悪い意味で使ってません!
突き抜けたような才能の持ち主って、
どこか変人だったりするでしょう?
良い意味でフレディは「ちょード変態」ってことです。
また書いておく。

昨日のつづき~

いやあ・・・凄い好評。
わたし、どっか違う映画見ちゃった・・・?
と思うくらい凄い好評ぶり・・・・

解せぬ・・・・・。

そもそもタイトルは「ボヘミアン・ラプソディ」でしょう?
だったらさあ、そこぐらいは事実にして欲しいのよね。
映画では、せいぜい何度も
♪ガリレオ~ と歌わされるロジャーがキレるだけ だけど

あの「ボヘミアン・ラプソディ」の録音は、
周りの関係者?専門的なことはわからんけど、
シンセサイザーを一切使っていないので、
6つもの!スタジオで録音するハメになったの。

スタジオA、スタジオB、スタジオC、スタジオD、スタジオE・・・
とかと言っていて、とにかく大変だったの、スタッフがね。

フレディは自由に存分にその独創的な発想を生かしたけれど
そのためにどんだけ大変な録音作業になったか、
くらいのことは、事実にして欲しかったねー

あとは何だか、QUEENとして、
随分サクサクと成功したかのようになってるけど
あんな簡単に成功した訳じゃないし。

確か・・・・ちょとうろ覚えだけど、マネージャーをきちんとつけて
レコード会社と契約したりしてなかったので
売れてもお金がない時代があったり、

不遇の時代は結構長かったんですけどね。


そして、何より愛する変態フレディのパーソナリティが
まるで別人!じゃん!
そこですよそこ!
最も重要な所をフィクションにしちゃってるじゃん!

フレディは、どんなに孤独でも寂しくても
「僕が身勝手だった。悪かった」なんて、絶対言わないっ!

メンバーに「君は伝説だ」と言われて
「僕たちが・だろ」なんて絶対言わないっ!

「俺は身勝手だよ~だからなに?」とか
「そう!俺がレジェンド!オレだけね!」とか
言うとしたらそっちでしょう(笑

実際に売れない頃、彼は言っている。
「俺がなるのは A legend.」と。
それを実現させちゃった所が、フレディの凄い所だし、

「ブライアンとジョン(との出会い)に何を見た?」
の質問に
まるで、いたずらを楽しむ子供みたいに笑いながら
「Nothing!」
と実際に言っている(笑)。

傲慢で気まぐれで我が儘で身勝手で
でも音楽の才能だけは、突き抜けている
それがフレディなのに
(ってべつにフレディは私の元カレでも何でもないんで
あくまで、私見ですけどね)

滅茶苦茶にしてくれましたねー見事に。

フレディは、あんなに常識的な人物ではありません!

変態だったから、あれだけ成功できたんです!

フレディの人格を変えられちゃった、
そこが私を最も幻滅・・させました。

だから感動?する訳ありません。

フレディーつまり主役ーを、ふつーの良い人
にされてしまったら、全部フィクションみたいなもんです。

フレディをよく知る人たちがこの映画に関わってるのに、
なんでこんなふうにしちゃったのか・・・

残念でなりません。


映画「ボヘミアン・ラプソディ」感想ー酷評です・1

ああ、偶然にも確か今日はフレディの命日です。
お線香をあげようかと思ったけど
「Oh~What’s Smoke?」とか言われそうなので
やめました。






ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2018/11/24 00:03】 | 映画、ドラマ、音楽 favorite
トラックバック(0) |