FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
2021年 喫煙禁止法制定

~タバコ ダメ!絶対!

タバコ撲滅!

健全で明るい 無煙社会 を目指して~

(行政さんお得意な、長ったらしい条例の名称で)

そんなカンジじゃね?
てか、近々そうなるね。



ただ、冷静にニュートラルな立場としてちょっと言うと、

ここ数年であらゆる種類の電子タバコがどんどん普及して来て、
そのけむりがまた有害だなんだと言っているけれど、

どれだけ有害なのかは まだわかってない ってのが
事実なんじゃないかと思う、多分ね。
電子タバコの歴史が浅いから。

で、東京オリンピックや
今の世の嫌煙ブームも手伝って
今度は、電子タバコがターゲットになっているんだと思います。

どう考えても、電子タバコが紙巻きと同じに
有害だとするのは、おかしいよ。

私が自作してるリキッドに含まれるプロピレングリコール
これは、食品添加物に使われたりするんだそうで。
グリセリンは、あるよね?グリセリン浣腸って。
素人考えで申し訳ないけど、人が体内に入れる物が
そこまで有害と言えるのかね?


まあ、喫煙者にはもう人権は ありません。
喫煙者は、犯罪者 ですからねー
何を言っても聞く耳は持って頂けないでしょうけど?


反無煙社会勢力とは

絶対につながってはいけない!

ナレイの闇タバコ問題!


みたいな?



喫煙者は、詐欺グループですか?
私は受け子も出し子も、やったことないっすよ。




ていうかあ

こんなに全面禁煙ムード一色に

なるのなら


なんでタバコなんて作ったの?









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/07/31 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
【WHO=世界保健機関は、
「電子たばこ」や「加熱式たばこ」は
健康上のリスクを減らすわけではなく
有害であるとする報告書を発表し、
これまでのたばこと同じように規制すべきだと訴えました。

報告書は、「加熱式たばこ」は
従来品のたばこよりも有害物質にさらされることは
少ないかもしれないが、
リスクを減らすということにはつながらないとしています。
また「電子たばこ」は
従来のたばこをやめる方法の一つとして宣伝されているものの、
その主張を裏付ける根拠は乏しく、
アメリカでは若者の喫煙習慣を拡大させているとの
報告もあるとしています。

大手たばこ会社は新たなタイプのたばこ製品が
たばこ使用の害を軽減するために有効だとしていますが、
WHOの担当者は、こうした主張は
たばこ産業の市場拡大を意図したものにすぎないと批判しています。
その上で、「電子たばこ」や「加熱式たばこ」も、
従来のたばこと同じように規制すべきだと訴えています。
(28日11:30)】


これはもう、本物のファシズムじゃないか?!
テレビでこのニュースを聞いたとき、愕然としました。

嫌煙家たちは、
どこまで私たち愛煙家を糾弾し弾圧すれば
気が済むんですか?!

世の嫌煙ムードに疲れ切った私は
禁煙ファシストの隷属下に入ると決めたので
必死で紙巻きタバコとお別れし、
電子タバコに替えたんです!

私はリキッドを自作しています。
リキッドの中身は
グリセリン、プロピレングリコール、メンソール飽和液
プルームテックのタバコカプセルの中身は、
煙草葉(ニコチン0.06mg)
以上!これだけです!


こんなことになるのなら、
電子タバコに替えたところで意味なかったでつね?!


タバコが違法になりました

空気中の大腸菌や排ガスを
思い切り深呼吸しながら、
タバコのけむりだけを徹底的に排除する
矛盾に満ちた、素敵な社会!

嫌煙家の皆さんは、
自分たちが有害なものの一切を
出していないとお思いなんですか?!
素晴らすぃ~~!妄想でつね!


喫煙者は被差別民です。憲法改正しなさい!
被差別民に人権は、ありません!

いっそ日本は鎖国して、完全無菌社会でも作りますか?!
東京オリンピックも、それならむしろやめたほうが
無菌社会には良いんじゃないっすかねえ?










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/07/29 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
私は、詩を書くのは好きだけど、

んーーーーーーー・・・・・

でも、詩って一般の人が読みたいと思う と思う?
いや、まあ他の方々は皆それぞれに素晴らしい
と思うけど、


それは自分が詩を書いているから
読ませて頂く というだけで

一般の人は、
詩って、いちばん興味のないものじゃないかなあ?



ごめんなさい、またちゃぶ台返し~~


「ブログは所詮オナニズム」と思ってる私だし。


その中でも 私のそれも含めた詩 って

究極のナルチシズムだと思える。

その点、プロの詩人の詩って、やはり凄い。
自己満足やナルチシズムを、読み手に感じさせないから。

きっと、
自分自分自分じぶんじぶんああああじぶんじぶん
という過剰な自己愛がないんでしょう。

純粋に、自分の感じたままを
この豊かな日本語という言葉で、紡いでいるのでしょう。

「愛」とか「恋」とか「永遠」とかという言葉より
もっと深い言葉、もっと豊かな表現で、実に見事だよね。

特に好きじゃない詩人の詩であっても、
やっぱり凄いなあと思わせるものがある。


私の好きな 石垣りんにしても
三好達治とか、有名な人にしても

わかるんだもん。
一般素人の詩とは明らかに違うのが。

私も、あんな詩を書けるようになりたいわあ~


以下、私の好きな、石垣りんの詩


【くらし    石垣りん

食わずには生きてゆけない。

メシを

野菜を

肉を

空気を

光を

水を

親を

きょうだいを

師を

金もこころも

食わずには生きてこれなかつた。

ふくれた腹をかかえ

口をぬぐえば

台所に散らばつている

にんじんのしつぽ

鳥の骨

父のはらわた

四十の日暮れ

私の目にはじめてあるれる獣の涙



皆さん、プロの詩だと
やたら「解釈」したがるけど、「解釈」してしまうと、
せっかくの詩が台無しになるので、私はしません。

(いやあ・・・でも、その解釈の中に
「人肉を食べる」?!みたいなのがあって
勘弁してくれ!バカなの?
そこはちょっともう~~~
大事なものも食べ尽くす ような 思いで
ってことでしょう?
石垣りんが聞いたら泣くわっ!と思いますたけどね・・)

でも、良い・・・
「父のはらわた 四十の日暮れ
はじめてあふれる獣の涙」だよ・・!

本当に、良い・・・・・









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/07/18 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
若い頃
随分長く、つきあっていた彼と
よく一緒に、うちの犬の散歩に行った。


犬のうんこを拾う 私を見ながら
彼は 言った。

「世の中なんて
犬のうんこ踏んじゃったあ~やだあ~!
くらいのほうがずっといいんだけどな」と。

私は彼のその言葉に、いたく同感だった。


そりゃあマナーは大事だよ。
でも、何と言うか・・・・・

今の世の中って
マナーやルールを過剰に守ろうとする余り、
何か、こう・・・

キシキシと音を立てるみたいに
ここまではOK!ここからはNG!
と、しっかり線引きされてしまって、
本来なら、もっとみんなが楽だったはずの社会が
どんどん住みにくくなっている気が。

犬は、したい所にうんこをする、
したい所にオシッコをする、
それはごくごく自然なことなんだよね。


それを放置して良いとは言ってない。


けど、世の中今やルールとマナーに縛られた結果、
人は却って、おかしくなっているような。

私が幼かった頃は、こんな社会じゃなかった。

ルールなんか決めなくても、
少々マナーなんか守らなくても
社会がちゃんと、まわって行った。

だから、もっと自由だったし、
人との繋がりも、他人の優しさも実感できた。

当時は共同体の中で
子供は育ち、うるさいおじさんやおばさんが
近所にいてくれた。

ルールルール!マナーマナー!ばかりの社会は
息苦しくて、住みにくい。
でも、現代は皆、バラバラ。
なので社会がそれを決めなくてはならなくなった。

その結果、人の温かみも何も、実感できなくなった。


彼が、どんな意味で
「世の中なんて犬のうんこ踏んじゃった
くらいのほうが良い」
と言ったのか、そのとき私は聞かなかったけれど


私がせっせと犬のうんこを片づける姿から、
もしかしたら、そんなことを思ったのかも知れない。


彼は、
実に、シャープな感性の持ち主だったからね。

今でも、彼のあの言葉が
印象に残ってならない。



ちろと一緒7才










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/17 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
老後二千万必要と 

不安を煽る一方で

やれ東京オリンピックまで

あと何日とカウントダウン





人生100年時代なんて

私には

拷問 以外の何者でもなくて





なぜ そこまで

生きることを強要するの?

私は この国に

虐待 されている

としか思えなくて






100才まで

国民が健康で

国中で 老いた人を助け

病の人を 大事に守り

社会で活躍できるなんて

とんでもない「妄想」を

押し付けられて





この国丸ごとに

私は

モラハラ パワハラを

受けている






いい加減にしてよ

生きる権利 ではなく

生きる義務 を

お願いだから

私に

押し付けないで




すべて国民は、

健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。



生存権なんかいらない





もういい加減

耳に心地良いだけの言葉を

吐かないで





腐った根っこで

首を絞められているようで

いつも 苦しい





不適切国家 ニッポン








フリー画像大きな窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村



にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/06/10 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |