FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
死ねばお金はキャッシュで一括

生きる限り毎月の支払いは止まらない

感傷に浸るでも何でもなく

一括で済むなら死ぬのが楽

キャリアの解約手続きみたいに

死ぬということでよろしく

そうできたなら楽

そんなこの世の異常を

異常とさえ感じない

麻痺した人の心を

どう取り戻したらいい?

国家は人の心を

癌細胞のように 蝕む



フリー画像・吸い殻やら枯れ葉やら









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/22 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
これなんだわ・・・・

みんなこれのためなんだわ・・・・

おかね・・・おかね・・・・

あたしはただ、美しい布を見てもらいたくて・・・・・・・

それを見て喜んでくれるのが嬉しくて・・・・・


「夕鶴」の おつうの台詞に

そんなのがあったっけ

高校時代は 演劇部で

私は

金に目がくらんで

おつうを悲しませる

与ひょうの役を やったっけ






ほんとだね

この国の

全てのものには

値札が貼られている






夢 という値札

愛 という値札

幸せ という値札

いのち という値札




確か

私が 幼かった頃は

こんなに

値札だらけじゃなかった気がする

なのに

値札が どんどん増えて






金さえあれば

何でも手に入る この世で

信じられるものは どこに?





お金では買えないものがある

そう言うけれど

お金で買えないものって なに?




この世にあるのは

金のあるヤツとないヤツ

罪と その報いだけ


昔のドラマに

そんな台詞も

あったっけ





病んでいるのは わたし?

それとも

値札だらけの この世?





赤い靴








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/14 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
強過ぎる 正義に

傷つき

勘違いの 善意に

息を 詰まらせる






ひとを殺傷できるのは

銃やナイフだけではない






正義は ひとを助け

同時に

ひとを 殺す

善意は ひとを慰め

同時に

ひとを 苦しめる




正義に殺されるくらいなら

私は 不義に

殺されたい






平和を守るために

戦争は起きる

だから

砲火の音は 止まない



フリー画像女のシルエット炎








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/03 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
入院中というのは、
患者同士いろいろと話すようになる。
皆それぞれに病気の苦しみを抱えているという
「連帯感」も生まれる。

相部屋で、年齢も同世代ということから
私は、カオリさん、ユウコさん、サチコさんとよく話した。

「食事は私らにとって大きなイベントよ!」とか
「昼のイベント、まだ?」とか
バカなことを言い合っては笑ってた。

でも皆それぞれに、病気の苦しみや過酷な現実を
背負っているにも関わらず

何故か病棟にいる私たちは、いつも明るい。
あまり苦しいことは言わずに、ただ、楽しく過ごしている。

精神科病棟の刑務所並みの管理は
ええかげんにさらせー!
と叫びたくなるほどうるさいもので、他の科とはまるで違う。

なのに、私たちにとってそこは、
しばし、現実から逃れることのできる「極楽」のようで。

消灯前の夜のひととき。
私は、陽水のCDをイヤホンで聞きながら
「小さい声で歌っても良い?」と相部屋の人たちに
お許しを頂いて、歌ってた。

すると、まだ若いリエちゃんが
「ナレイさん、もっと大きな声で歌って。みんなも良いよね?」
と、まるで幼い子が、母に子守唄をせがむように言った。

♪夏が過ぎ 風あざみ
だれのあこがれにさまよう♪


私の、ちょっと遠慮がちな「少年時代」が
消灯前の病室に、柔らかく響いてた。




私の退院日が決まって
サチコさんにしきりに

ナレイさんがいなくなっちゃうの、寂しいよ・・
と言われて

そう思ってくれるだけで、嬉しいよ
と私は言った。

でも、ここは病棟。
どんなに仲良くなっても、いずれは別れが待っている。


退院の日。

退院の手続きやら会計やらを済ませて

「じゃあ行くね。お世話になりました」
私はそう言って、一人一人と握手した。

精神科病棟は、ガラス張りになっている。
相当頑丈なガラス。

荷物を持って、そのガラスの扉を出た私を
みんなが、見送ってくれた。

ナースが肩からぶら下げている鍵の音。
見送りまで、ナースの監視付き。
私が出て行くと、いつもより無情に響く、
施錠の音。


誰も、脱走なんてしないのに。
ただ、私を見送りたい、そう思ってくれただけなのに。

ふと見ると、
ガラス一枚隔てた向こうで
カオリさんが涙ぐみながら、笑顔で手を振っている。

日頃明るいカオリさんの泣き笑いは、私の胸を熱くした。

それでも私は、何かを吹っ切るように、
何かを覚悟するように、ガラスの外へ出た。


バイバイ、カオリさん、みんな。
早く良くなって、みんなも退院するんだよ。

仲良くしてくれた3週間、本当にありがとう。

そう思いながら、私たちは
ガラス一枚隔てて、さよならをした。



ガラス越しのさよならは
いつも悲しい。



フリー画像・窓








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村



FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/30 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |
まーーーだやってんの?日テレは。
24時間テレビ「金は日テレを救う」


もうただ

気色わりい、としか言えない。

百万単位のギャラがもらえるにも関わらず、
マラソンランナーのなり手がいないってことも
もう時代は40年前とは変わった ってことだよ。

千万単位のギャラをもらう出演者もいるそうじゃない?


高額なギャラが発生するのに
「チャリティー番組」と言い張る日テレ・・・・
ウケるわあ~(笑


みんな嫌なんだよ、あんな番組に出るの。

「障害者を食い物にした感動ポルノ」
と評されてるけど、

私に言わせたら、食い物に自らなってんでしょ?
あそこに出てる障害者の人たちは。

「障害者」として
出る方も出る方だと思うけどねーーー

芸能人に会えるしね、優しくしてもらえるしね、
出たいんでしょ?結局は。

障害者VIP と私は呼んでいるけれど
自分の意志で出ている以上、
権利ではなく、特権を主張してるとしか
私には思えません。

自分が障害を持ったことによって差別されたとき、
権利を主張するのは、当然のことですが、

特権 を主張してはいけません。

あーあ、ノーマライゼーションっていつ頃のことだっけ?
バンク・ミケルセンが泣いてます・・・

障害・健常と分ける時代はもう終わったというのに。


とにかくくだらない。活字にする労力すら
勿体なくてバカバカしいから



おしまーーーい!








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/25 00:03】 | 「軽い変態」から見る社会
トラックバック(0) |