FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
※これは、新着記事ではありません。
新着記事はこの下からお読みください。

ちょっとこの記事は、自分が死にたくなったとき
いつも読めるように、トップに持って来ました。



こんなに苦しいだけの毎日で

なぜ死んではいけないのか、
私なりに考えてみた。


毎年のことだけど
昨日は、戦争もののドラマを散々観て、
むせび泣いていた。
母に聞かされた戦時中の話と
ドラマのあらゆる場面が重なる。

だから、どの場面もリアルに映って
毎年毎年恒例の行事みたいに、むせび泣く。


ドラマの中の台詞にも出て来たけど
私も、ときどき思うこと。

いつも死にたいとき
何が私を引き止めるのか

それはきっと、わたし という存在は
私一人で、ぽとっと産まれて来た訳じゃなくて
お父さんとお母さんがいたから、なんだよね。
お父さんとお母さんは
おじいちゃんとおばあちゃんがいたから産まれた。

おじいちゃんとおばあちゃんは
そのお父さんとお母さんから
産まれたんだよね。

そして、そのお父さんとお母さんは、
そのまたお父さんとお母さんから、産まれた。

そうやって考えて行くと、
わたし という存在は、
実に、百人、千人という祖先のいのちがあって
初めて産まれたのだと。


母から何百回も聞かされた戦時中の話、
誰もが必死で生きながら、
死にたくないと思いながら、死んで行った。

何ひとつ悪いことなどしていないのに
一瞬のうちに、青空を真っ黒に染められ
爆風に吹き飛ばされて、黒い雨に打たれた人がいる。

ただ、ささやかな幸せを大事にしていただけなのに
火の海になぎ倒された人がいる。

僅か二十歳や21で、特攻機に片道分の燃料だけを積んで
太平洋上に突っ込んだ人がいる。

一生懸命生きていただけなのに
あの空に、消えて行った人たちが沢山いる。


わたし という存在は、
私だけでは、産まれることがなかった。

そんな沢山の人たちの悲しい歴史の上に、初めて
わたし が存在する。


その人たちに思いを馳せるとき、
そんな簡単に死んでもいいの?
苦しいからと言って死ぬことは

過去の沢山の人たちの いのちを
踏みにじる行為ではないの?

そんな風にも思えて。



我が家には、過去帳というものがあります。
過去帳には、
その家の先祖の俗名と享年が書かれています。

その名前を見る度
会いたくて、たまらなくなります。

信次郎 とか、ふさ とか、
この人は、私にとってどんな存在の人だったのか
無性に知りたくなります。



一人勝手に死ぬことは、
この、過去の沢山のいのちを
裏切り、踏みにじることなのではないかと。


そう思ったら、
どんなに苦しくても
生きて行かなくてはいかんのじゃないかと。


生きることはつらいです。苦しいです。
でも、過去にはもっと苦しんで、
それでも生きようとしていた人がいたのだと。


だとしたら、そんな簡単に
このいのちを絶ってはいけないんじゃないだろうか。

昨日は、嗚咽しながら
そんなことを、ふと思いました。


亡き母が、言っていました。
東京大空襲のあと、一面焼け野原に立ったとき
本当に、見事に何もなくなって、
母の住む向島から、山の手の焼け残ったビルが見えた、と。

「ここまで何もなくなると、いっそ気持ち良かったわよ」と。



フリー画像・ぼやけたろうそくの火


※新着記事はこの下からお読みください。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2030/03/01 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
悲しみは 

封印しないほうが良い

悲しめる限り 

どんどん悲しんだほうが良い






悲しむことで

喪の仕事が 初めて出来る

失ったその人を

思い出にできるまでの

喪の仕事






生々しい

血だらけの胸の痛みから

やがて

ぽっかりと空に浮かぶ

月のように

穏やかに その人を

心の中に そっと

置いてあげることができる









空から降る 涙の雨に

ぐっしょりと 濡れても

傘を さしかけてもらえるだけで

生きて行ける






人は

弱いけど 強い




フリー画像・ピンクのガーベラ









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/18 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
以下は、鹿児島・知覧特攻隊の穴沢(あなざわ)さんが、
出撃を前にして、恋人である智恵子さんに送った手紙の一部。
当時15歳で特攻隊員の身の周りのお世話を命じられた
「なでしこ隊」は、何人もの特攻隊を見送ることとなる。

それは、15歳の少女たちには、とても背負い切れない
過酷なもので。

その中にいたのが、穴沢さんだった。

ご存知の方も多いと思う。
これが、何年前だったか・・
ドキュメントを交えたドラマになっていたので
私は録画して、もう何十回も観ています。

私はこの手紙を初めて読んだとき
噴き出る涙が止まらず、号泣した。

だって、
これこそ本物の愛 なんだもの。
(愛 という言葉は苦手な私。でもそれ以外言いようがないよ、
これは)

純愛 以外の何者でもない。
死んで行く自分のことよりも、愛する人の幸せだけ を
本気で願っている。

「僕を忘れないで」と言ったって良いはずなのに
敢えて、智恵子さんの将来を思って
「忘れろ」と言っている・・・・・


こんな素晴らしい人がなぜ生きられなかったの?
なぜ、死ななくてはならなかったの?
「死にたくない」と思うことの、どこが「腰抜け」なの?!

余りにも理不尽で、何度読んでも涙が噴き出る。


【婚約をしてあった男性として、
散って行く男子として、
女性であるあなたに少し言って往きたい。

「あなたの幸を希う以外に何物もない」

「いたずらに過去の小義にかかわるなかれ。
あなたは過去に生きるのではない」

「勇気を持って、過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと」

「あなたは、今後の一時々々の現実の中に生きるのだ。
穴沢は現実の世界には、もう存在しない」

今更、何を言うか、と自分でも考えるが、
ちょっぴり慾を言ってみたい。

 1 読みたい本

   「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

 2 観たい画

   ラファエル「聖母子像」芳崖「慈母観音」

 3 智恵子 会ひたい、話したい、無性に。

   今後は明るく朗らかに。

   自分も負けずに、朗らかに笑って往く


      昭20・4・12

智恵子様
     

                      利夫】



恋人の伊達智恵子さんは、2013年に亡くなられたようです。

穴沢さんは、出撃前、どんな思いで、
「穴沢は現実の世界には、もう存在しない」と、書いたのか・・・・・
それを思うと、胸が張り裂けそうになります。


きっと、向こうの世界でお二人は
真っ先に、お互いの姿を見つけたことでしょう。

生涯独身を貫き通した智恵子さん、
どれだけ待っていたことでしょう。

これでもう、お二人が離れることはありません。
永遠に。



フリー画像・夜明けの海








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/14 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
8月は、悲しいことの目白押し。
だけど、普段泣けない私にとっては
思い切り泣けるから、良い。

これもやはり8月の出来事だった。
あれからもう46年?も経ったけど、忘れられないよ。
8月16日。


みゆきちゃんが突然消えたのは、
こんな暑い、小学校4年生の夏休みのことだった。

私は家で友だちと遊んでた。
黒電話が鳴った。
受話器を取った母が

えっ?!
と、形相を変え
みゆきちゃん、亡くなったんだって・・
と。

担任からの電話だった。

遊んでた私たちはただただ呆然とした。

だって、あんなに元気で
夏休みが終わったらまた会おうね
って約束してたんだもの・・・・。

なんで・・・?
うそ・・・・
死んだなんて、ある訳ないじゃない・・?

私たちは遊ぶことも忘れ
ただ心臓の鼓動が速まり
息苦しくて、何も言えなかった。

何しろ急なことで詳細が何もわからなくて
私は息苦しいまま一日を過ごすことになった。

時間が経つに連れ、詳細がわかって来た。

みゆきちゃんは、お母さんの実家へ帰省して
弟と二人、近所の川のほんの僅か膝丈の所で遊んでいて
急に深みにはまり、弟の目の前で溺れたのだと。
弟は、必死で泣き叫び助けを求めたが、周囲に誰もおらず、
暫くして、ようやく一人の男性が気づき、
みゆきちゃんを助けてくれ、人工呼吸を施したが
間に合わなかったのだと・・・・。

そんなこと言われても・・・・・・・・。
やっぱり私には実感は湧かなかった。

初めて 死んじゃったんだ・・・と実感したのは
葬儀のときだった。
立派な祭壇に、
7歳の七五三のときの遺影となったみゆきちゃんが
飾られちゃってる・・・・・・。

みゆきちゃんのお母さんは、私の姿を見るなり
私の両足に取りすがってそのまま崩れ落ち、嗚咽した。

私はどうして良いかわからず、おばちゃんに言葉もかけられず、
何だか、自分だけが元気で生きてるのが
申し訳ないような・・・そんな気がしていた。

いちばんの仲良しだった私がクラス代表として弔辞を読んだ。
あたし・・まだ4年生なんだけど・・・・・なんで・・?
子供心に強くそう思った。
でも、読んでるうちに自然と涙が溢れて来て・・・。
泣きながら最後まで読んだ。

弔辞を読み終わって
私が、近所のおじさんや、
自治会長みたいなおじさんたちの中に戻って正座をすると、
おじさんたちは
「みゆきちゃんはもう、もう天国に行けたから、大丈夫だからね」
そう言って
私を慰めてくれるつもりだったのだろうけど、
「あのお母さんのすがた見たろ?ぜんぜんだいじょぶじゃねんだよ。
そんなカンタンに言うなよ」
内心そう思ってた。
4年生にもなれば、子供 と言ってももう全部わかる。

その後、私たち仲良しグループ4~5人は
みゆきちゃんの命日が来ると
おせんこうをあげに行こうか、
それともわたしたちが行くと
おかあさんはかえってつらいから行かないほうがいいかな
とかいろいろ相談し合ったが、

母の、
行けば良いのよ。きっと喜んでくれるわよ
の一言で行くことになった。

その後私たちは、
みゆきちゃんの命日が来る度に
毎年、毎年、そう・・確か成人するまで
線香をあげに行った。

お母さんは、何年か経つうち
そう、もう小学校卒業するの?大きくなったのね?
高校入学するの?早いわね・・

と、毎回、紅茶とケーキでもてなしてくれたりして、
とても喜んでくれるようになった。

「亡くなった子の年を数える」と言うけれど、
まさにみゆきちゃんのお母さんは、
私たちの成長して行く姿に、
みゆきちゃんの成長 を重ねて見ていたのだろう。

みゆきちゃんの命日は昨日。
8月16日だった。

不思議だね。
彼女は10歳のままで、
私はもうこんなに年取ってしまったのに、
みゆきちゃんの前では今も、私も同じ10歳・なんだよね。

ようやく開いた花2

向こうに行ったら、みゆきちゃんに言わなくちゃ。
夏休みが終わったら会おうって約束したのに、
ウソつきね

ってね。(笑







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村


FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/13 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
つまり、私が昨日言いたかったことは、

自分のいのちを軽んじてる人間に

ひとのいのちの重みを
語る資格があるのか?ってことで。


母から聞かされた戦時中の出来事、
毎年、夏はドラマになる戦争、

それらが頭の中で、映像 となって

毎年私の胸をキリキリと痛める。


常に 死 と隣り合わせになりながら、
必死で生き抜こうとした人たちを思うと、

もしかすると、
生きてる っていうことは、

それだけで物凄く贅沢で、
貴重なことなんじゃないかと思う。



現代に生きる我々は、
生きてること が当たり前 だと思っているけど

決して 当たり前 なんかではないんだよ。


夏が来る度に、あの空に散って行った人を思い、
むせび泣きながら思う。


生きてることが 当たり前 だなんて
それはきっと、
現代人の 傲慢 以外の何者でもないんだよ。

生きられるということ
元気でいられること


それがどれだけ大切なことか
平和ボケした現代人は
すっかり忘れているのだろう。


生きてるだけで、有り難いんだよ。
たとえどんなに苦しくても、つらくても。


それを忘れてはいけない、と毎年思う。


そして、メディアの情報は今でも「大本営発表」です。


フリー画像・空と麦畑







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/12 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |