FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
空の青を

この胸で 見る

大地の声を

この手のひらで 聞く







何度でも

何度でも





フリー画像・空と麦畑








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/10/23 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
え切った通帳の残高と

病と孤独の



救いようのない



三重苦




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんか急にこの歌が、私の元へやって来た。
昔から大好きな歌。
切なくて悲しくなるのに、ずっと歌っていたくなる曲。



「小さな木の実」

♪小さな手のひらにひとつ

古ぼけた木の実

握りしめ

小さな足あとがひとつ

草原の中を駈けてゆく

パパと二人で拾った

大切な木の実

握りしめ

今年また秋の丘を

少年はひとり駈けてゆく



小さな心にいつでも

しあわせな秋はあれてる

風とよく晴れた空と

暖かいパパの思い出と

ぼうや強く生きるんだ

広いこの世界

お前のもの

今年また秋が来ると

木の実はささやく

パパの言葉♪


作詞:海野洋司

作曲:ビゼー





フリー画像夜の渋滞










ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/10/20 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
寒さと孤独

棺代わりの

クッキーの空き缶に詰めて

埋葬をする

どうかどうか成仏しておくれよと

合掌をする






フリー画像・いのちのキャンドル








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/10/18 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
また冬布団に替えるその辛さ

この世の終わりみたいな顔

どうにもならない時の流れ

赤い口紅も金髪も もう

却って老けて見えるだけ





足元で咽喉鳴らす猫

無邪気に眠る猫見つめ

何とかこの世の端っこに

いのちの先っぽ引っかける





咽喉が渇いて仕方がないのは

魂が 渇くから




フリー画像夜の通り








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/16 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
堪えるだけの生の 上に

ジャケットを着て









作り笑顔で


挨拶をする



フリー画像古い電信柱








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/09/29 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |