FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
昨日、絹を病院に連れて行きました。

ちょっと今復活ちうで元気だった絹だけど、
家でいつもと違う行動
(こういうときは具合悪いときが多いので)を報告。

そして親である私の希望として
「手術はお金のこともあるし、それだけではなくて
術後、精神的にも物理的にも
お互いの負担が相当なものになることを考えるとしたくない。

私としては、この子の人生が短くなっても、苦痛がなく
できるだけ楽に、できるだけ穏やかに過ごさせてやりたい」

と話しました。


先生は、絹のことは勿論、親である私の性格も
よくわかってくれているので、その点は快諾して頂きました。

だって無理だもん!ちぬにシュリツなんて。
お金だけじゃない、
あんだけちょっとのことー採血したあと巻かれたバンソウコウーに
こだわってこだわってどんなに時間がかかっても
引きちぎって取れるまでやめないような子にシュリツ・・・!

術後、いくら保護衣を着せてもすぐに破って傷口を舐めますって・・
まあ逆に言えば、4年間のシェルター生活で
それだけ手をかけてもらって来なかったからね、
慣れていないんです、何事も。


とりあえず今は元気なので様子を見ましょう。
また年が明けたらレントゲン、エコーで
結石の状態を見ましょうね
とのことで、昨日は随分と時間を割いてもらって
話が出来て、私もホッとできました。


で、言いました。
「私、いっつも一人でこの子の世話してて誰も見てないんで
自分で言いますけど、すっごく私ってこの子にできる限りのこと
やってます!本当にえらいと思う!」と。
(親として当たり前だけど、毎日のネブライザーとか投薬とか
えっれえくたびれるんですよ~~)

そしたら、先生は獣医師なので
「お口が凄く良いですね!ナレイさん真面目だから、
きちんと毎日やってるのわかってます。
歯も歯垢が着いてないし、わかるんですよ、ちゃんと」
と、笑いながら言ってくださいました~

「だーって友達とか素人だし猫のこと知らないと
大変ねーだけ なんだもん」
などといろいろ話して帰って来ました。


病気になってしまったことはしょうがない、
あとはなるべく私にとっても絹にとっても
負担が少なく、出来ればこの子に苦痛なく
穏やかに過ごせたら、それだけで私は幸せです。

私は、絹が病気になってから、それまで当たり前だと思っていたことが
とても幸せなことだと思えるようになりました。
この健康な体も、
住む家があって、水道やガスや電気が使えることも。
本当に、有り難いことだと。


当たり前のことは、私と絹にとって
当たり前ではない、とても貴重で幸せなことなんです。




♪なんでもないようなことが~しあわせだったとおもう~♪
に、尽きます。



ちぬ・ねんねしとる







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/11/06 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
淀んだ私の瞳では

見えない景色を

お前はきっと

見ているんだね




だからお前は

どんなに痛くても

くるちくても

それをそのまま

受け容れることができるんだね





自然の摂理も

季節の風も

野生の掟も

お前には 見えるんだね

その 澄んだ瞳に

ちゃんと 映っているんだね



ちぬ・げんきだして~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村


FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/11/03 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
今、絹の今後の治療方針として
何を、どんな方法を選択したら良いのか、
どうしたらこの子が楽になるのか、悩んでいます。

この子は腎臓結石、尿管結石です。
結石には大きく分けて2種類、
ストルバイトと呼ばれる結石と、
シュウ酸カルシウムと呼ばれる結石があります。

前者は、療法食で溶ける石なので
食餌療法だけで、オシッコに出てくれます。
後者は、溶けません。

残念ながら、絹は後者の結石でした。


シュウ酸の治療は、
外科的治療ー手術ーを行うこともあります。

絹の尿管は、結石だらけで
もう一部は使えない状態です。

でも、結石の流れによっては元気なときもあり、
痛みにじっと堪えているときもあります。



私は、絹の長生きを特に望みません。

痛いまま、いつまでもながらえるより、
できるだけ穏やかに、楽に過ごせるなら
たとえ短い人生に終わっても、
それで良いと思っています。


手術はさせたくありません。
でも、手術しなければ
この子はずっと今のまま、いや、悪化するかも知れません。

キレイごとは言いません。
手術には高額なお金がかかります。

でも絹は、普通の猫と違って、虚弱な子です。
更に、シェルター育ちの絹は、4年間のシェルター生活で
何もされたことがないのでしょう、
爪切りひとつにしても、尋常ではない暴れ方です。

そんな子に手術・・・・
術後がどうなってしまうか、
きっとお互い、相当な負担になるでしょう。

鎮痛剤は毎日飲ませています。
それでも、きっと痛みが激しいのでしょう。
不調なときは、ずっとうずくまって痛みに堪えています。

積極的な治療をするつもりはありません。
ただ、穏やかに、
この子が楽でいられるようにしてあげたいんです。

薬さえ効いてくれたら、このままで良かったのに
効かない・・・・・・。

主治医には手術を勧められています。

この子を楽にしてあげるには
手術しか選択肢がないのか・・・


虚弱なこの子に、
この4年間、私は、私にできる限りのことをして来ました。
痛くないように、苦しくないように。
まるで、ガラス細工みたいなこの子を
大事に大事にして来ました。


3年半の間に、100万以上使いました。
もう、これ以上のお金は使えません。
うちはビンボーですが、僅かばかりの預金を
崩して、絹専用の口座を作りました。


とにかく、今回ばかりはどうしてあげたら良いのか
迷って迷って、答えが見つからないままです。

絹は今、ご飯を食べて、毛布の上で
咽喉を鳴らしながらのんびり過ごしています。

絹のこの、穏やかな時間を何とか守ってあげたい。

私の願いはそれだけです。



ちぬ・げんきでおすわり

それにしても 活字 というのは、
相手の表情も声も何も見えないせいでしょう、
ヘタなナイフなんかより、グサグサと刺さりますね。
自分も、メールや書き込みなどするときは、
細心の注意を払っておきたいと思いました。

あ、記事とは直接かんけーないことだけど。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/11/01 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |


片目の天使

お前はもう

二つもの お病気に

かかってしまったんだね

おくすりも ふえちゃったね






痛くて苦しいときも

たくさん あるだろうに

お前は

不満 というものを持たない






真白なお前は

ただ じっと

雪の重みに堪える

冬の花








お前が 冬の花ならば

そっと その枝を摘んで

暖かな部屋の花瓶に 生け

愛でてやりたい






いや お前は

春の花なんだ

だから 寒い

寒いよね

でも

なんとか二人で

この寒い寒い 季節を

乗り越えて行こうね








片目の天使

つまらせたお鼻のまま

それでも

気分良く のどを鳴らすお前は

立派だね

えらいね

いい子だね





ふざけて

お尻を振りながら

廊下を走るお前の姿は

この上ない 

束の間の幸せ

寝転んで 私に甘える

お前の姿は

この上ない

束の間の幸せ





絹のげんきだけを

この部屋に 入れて

窓を閉め

げんきが どこかへ行かないように

守りたい




どうか

どうか

この私たちの 幸せを

ずうっと長く 与えて







片目の天使

お前の苦しみは

私の 苦しみ

お前の喜びは

私の 喜び






おねーしゃんは

お前が

おそらに のぼる

その日 そのとき まで

ずっと ずっと

そばにいるよ




ちぬ・ミッキーさん似会う~







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/09 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
あそべ あそべ

白猫 あそべ

春を 目指して

白猫 あそべ





秋冬を 駈け抜けて

降り注ぐ 春の陽射しに

あそべ あそべ

白猫 あそべ




お前が

咽喉を ゴロゴロ鳴らす

その幸せ




お前が

ごはんを カリカリ食べる

その幸せ




お前が どこも痛くないように

どこも苦しくないようにと

ただ祈る





すっかり

病弱になってしまったお前を

大きな愛で

そっと 包もう





あそべ あそべ

白猫 あそべ

春を 目指して

白猫 あそべ







白猫あそべ



ちぬ・ラグの上でのんびじ

「愛」という言葉は苦手です。
いつもなら「愛情」と書きますが
今回は詩のリズムを考慮して
愛 と表現しました。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/06 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |