FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
こうやって、休日の昼下がり
横になりながら青空を眺めていると
自分の長年の苦しみなど嘘のように、
穏やかです。


私の中には、価値観、こうありたいという生き方が
決して揺らがない「軸」として
赤い血と一緒に、体内を貫いています。

この「軸」を失ったら
私はもはや私ではなくなるでしょう。


しかし、私の長年の苦しみは
この「軸」の中に、赤い血とすっかり混ざり合っているのです。


だから、苦しみは決して絶えることがありません。


苦しみの血だけを抜いて欲しい。
しかし、それは「軸」の中で混ざり合っている限り
無理なことなのです。


平均寿命まで生きるとしたら、あと30年以上
私は苦しみつづけるでしょう。


赤い血と混ざり合った私の苦しみは
私の生命維持と同じように、
中枢から末梢へ、末梢から中枢へ
流れつづけて、私を苦しめるのです。


それが、私の病理であるならば、
完治することは、ありません。


それを思うと、いつも気が遠くなるけれど
きっと私は、苦しみつづけるしかないのでしょう。

あと30年、堪えきれる自信はとても
ありません。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/12/14 20:30】 | 神経症
トラックバック(0) |
つらいこと

苦しいことばかりつづくと

学習性無力の犬のように

そこから逃れようとしなくなる

それを解決しなくなる





どこへ行っても

何を見ても

この苦しみが

やわらぐことなどないと

思い込んで





そして

いつもと同じ

この狭い部屋の片隅で

膝を抱えて

次々とやって来る

苦しみを

そのまま受けつづける





苦しみに 耐性がついてしまい

もう

苦しいのかそうでないかも

次第にわからなくなって行く






私でも

ちゃんと持っているはずの

苦しみを乗り越える力を

手放すな

必死でそう

自分に言って聞かせながら



フリー画像・孤独な女









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/11/24 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
凄まじい悪夢をたっぷりと見て

いつものように午前3時半の目覚め

眠剤の誘惑と闘いながら

今日一日の予定を憂う

予定がなければないで

また今日も苦しむ自分を呪う






生きる意味を考えるなど

無意味だと

わかっていても

苦しみから逃れたいだけの心は

生きる意味の答えを

見つけようとする





苦しみから逃れたいだけの心は

私から正常さを奪う

楽になれるなら

少々罪を犯しても

構わないんじゃないかと思う

ずたずたにひとを傷つけても

良いんじゃないかと思う






秋の長雨に濡れながら

またやって来る

永い冬に怯え

今年は乗り切れるのだろうかと

ため息をつく





その白さに愕然として

また大きなため息をつく悪循環




楽までの 遠き道




都心のビル









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/31 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
ゴミ出しを忘れて

死にたくなったの

靴下は

どうしていつも片方しかないの?

お気に入りのTシャツに限って

どうして消えてしまうの?




ゴミを出さないと




この

急いで過ぎる日常に

私は着いて行けないの

この

余りにもせわしい街に

私は馴染めないの

ただ日常に馴染んだフリを

つづけてるから

家に戻ると倒れ込むの





ゴミを出さないと





疲れ切っているのに

失くしたTシャツが

忘れられなくて

血まなこになって

探し始めたりするの







ゴミを 出さないと






ゴミを出さないと

ゴミを出さないと と

昔の記憶だけが鮮明に残る

認知症のサクさんのように

私は ひたすら

唱えつづける





ゴミを出さないと




ゴミを出さないと




とある道路・拡大版








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/29 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
毎日が 命日なんです

毎日が 喪中なんです

毎日が 喪主なんです







だから

遊びに行くことも

旅行に出ることも

一切 ないんです







悲しくても

喪主の私は

悲しむ暇もない

頭はパンパンに張り詰めています






何もかも 失くしました

恋も 夢も 大切な人も

みんな





線香のけむりが

ひとすじの光みたいに

部屋の中を

つたって行きます

毎日

喪に 服しています

黒い服しか 

着ていません






毎日が 命日なんです

毎日が 喪中なんです

毎日が 喪主なんです



銀の燭台








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/10/07 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |