FC2ブログ
ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
もう30年以上、精神科の病に苦しみつづけて来ました。

そこで私が思いついたのが

詩 という表現方法で
自分の苦しみ、悲しみを綴る ということでした。


皮肉なことに

より苦しいとき、より悲しいときに
私の中に、様々な言葉やフレーズが浮かぶのです。

そんな負の感情を「詩」として、
この場に吐き出しています。


当然のことながら、出来上がった詩は
その殆どが ネガティブ です。

でも、そのままでいいんです。


無理にポジティブになる必要はない。
つらいときはつらいまま
悲しいときは、存分に悲しんで
それらの感情を「なかったこと」にはしない、

ひとは、とかく「いつまでも悲しんでいてはいけない」
と思いがちですが、
悲しむということ は、実は己の成長のために
非常に大切な心の働きです。

私は、病気と無理に闘って克服するより
上手につきあって行きたい、

そして無駄な努力をするのはやめて
今の自分の現実を受け容れて、あきらめる生き方をしたい
「ネガティブのままでいい」には、そんな意味が込められています。

この場は、私の感情の吐き出し場です。
しかし同時に、私の文章は、拙いながら
「詩」という創作でもあります。
私が吐いた感情を、深いことばとして紡ぎ、様々な表現として
この場にひと粒ひと粒、零して行くことができたら、と思っています。


現在、片目の白猫と二人暮らし。
この白猫は、都内のある保護シェルターから里親として引き取って
その毛色から 絹 と名づけました。
絹は、右目が悪いです。
目の瞬膜が、眼球に癒着しているため、あまりよく開きません。
でも、私は、絹の その目に惚れました。

既に犬6頭、猫3匹を見送っています。

また、絹は体が弱く、生まれつきの猫ウイルス性鼻気管炎で、
様々な症状に苦しめられて来ました。
絹には、死ぬまで、毎日、一生
欠かさず服用しなければならない薬が、4種類あります。
この薬で、絹の「げんき」は保たれています。

でも、ケモノはどんなに苦しくてもただ「生きる」。
その姿は、人間より立派だと思っています。


日々の溢れる感情や、愛しきイヌネコへの思いを
詩や散文に綴っています。

興味のある方は、是非お立ち寄りください。

※新着記事は、「死んではいけない理由」
の下からお読みください。



ちぬ・めめちゃんきれい~

げんきちゃん!なときの絹のお顔です。



こちらはトップページです。(だって何かいつもの記事みたいなんだもの~


・興味のある記事がございましたら、カテゴリからお入りください。

・好評だった(?でもないか・・)記事をお読みになりたい方は、
「拍手の多かった記事」からお入りください。
(ていうか、私が読んで頂きたい記事 というのがここです)



※新着記事は、「死んではいけない理由」
の下からお読みください。






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

【2030/04/01 00:03】 | ご挨拶
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
※これは、新着記事ではありません。
新着記事はこの下からお読みください。

ちょっとこの記事は、自分が死にたくなったとき
いつも読めるように、トップに持って来ました。



こんなに苦しいだけの毎日で

なぜ死んではいけないのか、
私なりに考えてみた。


毎年のことだけど
昨日は、戦争もののドラマを散々観て、
むせび泣いていた。
母に聞かされた戦時中の話と
ドラマのあらゆる場面が重なる。

だから、どの場面もリアルに映って
毎年毎年恒例の行事みたいに、むせび泣く。


ドラマの中の台詞にも出て来たけど
私も、ときどき思うこと。

いつも死にたいとき
何が私を引き止めるのか

それはきっと、わたし という存在は
私一人で、ぽとっと産まれて来た訳じゃなくて
お父さんとお母さんがいたから、なんだよね。
お父さんとお母さんは
おじいちゃんとおばあちゃんがいたから産まれた。

おじいちゃんとおばあちゃんは
そのお父さんとお母さんから
産まれたんだよね。

そして、そのお父さんとお母さんは、
そのまたお父さんとお母さんから、産まれた。

そうやって考えて行くと、
わたし という存在は、
実に、百人、千人という祖先のいのちがあって
初めて産まれたのだと。


母から何百回も聞かされた戦時中の話、
誰もが必死で生きながら、
死にたくないと思いながら、死んで行った。

何ひとつ悪いことなどしていないのに
一瞬のうちに、青空を真っ黒に染められ
爆風に吹き飛ばされて、黒い雨に打たれた人がいる。

ただ、ささやかな幸せを大事にしていただけなのに
火の海になぎ倒された人がいる。

僅か二十歳や21で、特攻機に片道分の燃料だけを積んで
太平洋上に突っ込んだ人がいる。

一生懸命生きていただけなのに
あの空に、消えて行った人たちが沢山いる。


わたし という存在は、
私だけでは、産まれることがなかった。

そんな沢山の人たちの悲しい歴史の上に、初めて
わたし が存在する。


その人たちに思いを馳せるとき、
そんな簡単に死んでもいいの?
苦しいからと言って死ぬことは

過去の沢山の人たちの いのちを
踏みにじる行為ではないの?

そんな風にも思えて。



我が家には、過去帳というものがあります。
過去帳には、
その家の先祖の俗名と享年が書かれています。

その名前を見る度
会いたくて、たまらなくなります。

信次郎 とか、ふさ とか、
この人は、私にとってどんな存在の人だったのか
無性に知りたくなります。



一人勝手に死ぬことは、
この、過去の沢山のいのちを
裏切り、踏みにじることなのではないかと。


そう思ったら、
どんなに苦しくても
生きて行かなくてはいかんのじゃないかと。


生きることはつらいです。苦しいです。
でも、過去にはもっと苦しんで、
それでも生きようとしていた人がいたのだと。


だとしたら、そんな簡単に
このいのちを絶ってはいけないんじゃないだろうか。

昨日は、嗚咽しながら
そんなことを、ふと思いました。


亡き母が、言っていました。
東京大空襲のあと、一面焼け野原に立ったとき
本当に、見事に何もなくなって、
母の住む向島から、山の手の焼け残ったビルが見えた、と。

「ここまで何もなくなると、いっそ気持ち良かったわよ」と。



フリー画像・ぼやけたろうそくの火


※新着記事はこの下からお読みください。








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2030/03/01 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
流した血の分だけ

いつか報われると思うな





どれだけ血を流しても

先のことなどわからない






安易な夢など

見ちゃいないけど

流した血の分だけ

せめて 休ませて







この 

モノトーンの景色に

一色でも

色を添えて



フリー画像・セピアのバラ







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/21 00:03】 | 雑感
トラックバック(0) |
ネガティブとかポジティブとか
そんなのどっちでもいんだよねーべつに。

私のように
何のアクションも起こさない者ほど
承認欲求は強くて
いつも周囲に認められたい思いでいっぱいなんだ。

いやらしいね。

病気を言い訳にしたくない。

たとえ、ずーっと緊張し続けていても
眠れない毎日でも、
それがどれだけきつくても、
自分さえその気になれば
アクションは起こせるはず。

ただ 敢えて言わせてもらえるとすれば、
基本的不信から始めた人生、
自己否定から始めた人生では、
その逆の人より、生きる道は何十倍も苦しくなる。

この世に何の拠り所もない ということだから。
この世界に、受け容れてもらえない、と思ってしまうから。

自分の病理の原発巣はどこだか、何なのかは
もうわかってる。

でも、そこが外科手術と違う所で、
いきなり癌の原発巣切除Opeなんかしてしまうと、
精神のバランスをもっと崩すことになってしまう。

そして、それは知的認識でしかないので
未だ解決には至らない。

で、またこういう自己分析を活字にすると、
それがまた「知性化」という厄介な防衛になってしまうので
ほんとは書かないほうがいいんだけどね。

だから私はひたすら、自分の深層や苦しみ、悲しみを
詩 という表現で綴ってるんだよね。


支配や依存ばかり他者に求めないで。
セラピスト・ハッチの言葉を思い出して。

自分自身と対峙するセラピーを通して
自分の生き方を、必死で模索する私と
共に歩んでくれるハッチの言葉は
いつも重みを持って私に響く。

ひとは、
自分は一人だと、ちゃんと感じられるから、
誰かと生きて行くことができる。

一人でいられることと、誰かと一緒にいられることは
比例する。


苦しみだけの人生でも
そこから脱する道は、
セラピストにも、どんな学者にも教えてはもらえないよ。

自分自身で切り拓くしかないんだよ。

どんなに苦しくてもね。


海辺にて4











ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/20 00:03】 | 神経症
トラックバック(0) |
そらには 月

あそぶは 猫

またたくは 星

しずむは 夕陽







かね色の 空といっしょに

わたしも

しずんでいきたくて





そらには 月

あそぶは 猫

またたくは 星

しずむは 夕陽



フリー画像空と電線と家と







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村



FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/08/19 00:03】 | 短歌 俳句 自由律俳句
トラックバック(0) |
悲しみは 

封印しないほうが良い

悲しめる限り 

どんどん悲しんだほうが良い






悲しむことで

喪の仕事が 初めて出来る

失ったその人を

思い出にできるまでの

喪の仕事






生々しい

血だらけの胸の痛みから

やがて

ぽっかりと空に浮かぶ

月のように

穏やかに その人を

心の中に そっと

置いてあげることができる









空から降る 涙の雨に

ぐっしょりと 濡れても

傘を さしかけてもらえるだけで

生きて行ける






人は

弱いけど 強い




フリー画像・ピンクのガーベラ









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/18 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |
蝉が 鳴いている



鳴いている






蝉は

生きる喜びを 

歌っているのか





それとも

やがて死にゆく

悲しみを

歌っているのか




私には わからない







夏の 終わりに





蝉が 鳴いている



鳴いている



フリー画像・麦畑







ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

【2019/08/17 00:03】 | ほんのひと言ふた言のことば
トラックバック(0) |
絹は、とうとう本格的な病気になってしまいました。
腎臓結石、尿管結石です。
慢性腎臓病疑いもあります。

健康体でいられたのは、たった8年、でした。

飲ませなくてはいけない薬も増え、
私の精神的負担、経済的負担も大きくなって来ました。

治療は、食餌療法です。
療法食と呼ばれる、病気の子のための餌で
結石を溶かして、小さくして行き、
定期的に病院に連れて行って、
レントゲン、エコーで結石を診てもらいます。

絹が、病気になってしまったことが
本当にショックでした。

でも、唯一の救いは、
絹が、薬の服用で、げんきちゃん!でいてくれること。



でも・・・・・なんかね・・・・

私はもう、自分が孤独だとか、病気で苦しいとか何とか
ほんっとに!

そんなことは、どーーーーーーーでもよくなった。


絹のげんき 

これ以上の幸せは、ないから。

絹のげんき

それは最上の、極上の幸せ


それ以外、私はもう何もいらない。

これが、母親の心情なのかなあ・・・と思いました。
我が子が、どんな不細工だろうと、何だろうと
ただ、元気でいてさえくれたらそれで良い、と願う。

ただ、元気でさえいてくれたら。それだけで良いと。

「ちぬのげんきとは、99%の体質と、
1%のおねーしゃんの努力である」

ナレイの名言(笑

いや、でもこれはホントだわ!素晴らすぃ~~名言だ!
たとえ1%であっても、放置しておくのと、
ちゃんと病院へ連れて行って治療するのとでは全然!ちげー



ちぬ・最近げんきちゃん3









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/16 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
あの子は いつも

私の帰りを待っていた

ちょっと そこまで出ただけで

玄関に張り付いて 見張る

真っ黒な瞳を 

いたずらっ子のように

動かした






死の床で

あの子をさすっていると

やんちゃな子猫時代が

いたずらばかりしていた頃が

きらきらと 

雪のように

あの子の上に 降って来た






やがて息絶えた 

あの子の亡骸は

変わり果てた と言うには

およそふさわしくなく

生きてるときとは違うけど

ただただ愛苦しくて

丹念に体を拭き清め 

毛をとかして

何度も何度も 目を塞いで

綺麗に綺麗に 整えた






棺代わりの 段ボール箱に

あの子の体を

そっと納め

あの子にいちばん似合う

ピンクの花でいっぱいにした

冷たく 硬くなって

魂の抜けた その顔までも

愛しくて

もう光が 映らない

その瞳さえ

愛しくて






最期のお別れだから

何度 その顔に

キスをしても

足りない気がした




すいましぇん、ちち子でしゅ

ラストちち子

もう何匹の、犬や猫をこうやって見送ったことでしょう。
悲しいけれど、この子たちは、
私より先に、旅立ってもらわないと。
看取りまでが、飼い主の責務。
2枚目の画像は、死ぬ1週間くらい前だったと思います。
ちち子、私はこの子を溺愛していました。

みんな おそらにのぼっていきました。

今はお盆だから、
きっと帰って来ているのだと思います。
ちち子の幽霊なら、怖くないから会いたいなあ・・・・
姿を見せてくれないのかなあ・・・
毎日そう思ってます。









ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村



FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/15 00:03】 | 愛しきイヌネコ
トラックバック(0) |
以下は、鹿児島・知覧特攻隊の穴沢(あなざわ)さんが、
出撃を前にして、恋人である智恵子さんに送った手紙の一部。
当時15歳で特攻隊員の身の周りのお世話を命じられた
「なでしこ隊」は、何人もの特攻隊を見送ることとなる。

それは、15歳の少女たちには、とても背負い切れない
過酷なもので。

その中にいたのが、穴沢さんだった。

ご存知の方も多いと思う。
これが、何年前だったか・・
ドキュメントを交えたドラマになっていたので
私は録画して、もう何十回も観ています。

私はこの手紙を初めて読んだとき
噴き出る涙が止まらず、号泣した。

だって、
これこそ本物の愛 なんだもの。
(愛 という言葉は苦手な私。でもそれ以外言いようがないよ、
これは)

純愛 以外の何者でもない。
死んで行く自分のことよりも、愛する人の幸せだけ を
本気で願っている。

「僕を忘れないで」と言ったって良いはずなのに
敢えて、智恵子さんの将来を思って
「忘れろ」と言っている・・・・・


こんな素晴らしい人がなぜ生きられなかったの?
なぜ、死ななくてはならなかったの?
「死にたくない」と思うことの、どこが「腰抜け」なの?!

余りにも理不尽で、何度読んでも涙が噴き出る。


【婚約をしてあった男性として、
散って行く男子として、
女性であるあなたに少し言って往きたい。

「あなたの幸を希う以外に何物もない」

「いたずらに過去の小義にかかわるなかれ。
あなたは過去に生きるのではない」

「勇気を持って、過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと」

「あなたは、今後の一時々々の現実の中に生きるのだ。
穴沢は現実の世界には、もう存在しない」

今更、何を言うか、と自分でも考えるが、
ちょっぴり慾を言ってみたい。

 1 読みたい本

   「万葉」「句集」「道程」「一点鐘」「故郷」

 2 観たい画

   ラファエル「聖母子像」芳崖「慈母観音」

 3 智恵子 会ひたい、話したい、無性に。

   今後は明るく朗らかに。

   自分も負けずに、朗らかに笑って往く


      昭20・4・12

智恵子様
     

                      利夫】



恋人の伊達智恵子さんは、2013年に亡くなられたようです。

穴沢さんは、出撃前、どんな思いで、
「穴沢は現実の世界には、もう存在しない」と、書いたのか・・・・・
それを思うと、胸が張り裂けそうになります。


きっと、向こうの世界でお二人は
真っ先に、お互いの姿を見つけたことでしょう。

生涯独身を貫き通した智恵子さん、
どれだけ待っていたことでしょう。

これでもう、お二人が離れることはありません。
永遠に。



フリー画像・夜明けの海








ぽちで救われる私がいます


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログへ

にほんブログ村

FC2blog テーマ:エッセイ・散文 - ジャンル:小説・文学

【2019/08/14 00:03】 | いのちの桜
トラックバック(0) |